「インテル長友佑都に会いたい」イタリアの少年3人が長年の夢を叶えようと署名活動

コメント()
(C)Getty Images
イタリアの少年3人がインテルのDF長友佑都に会って夢を叶えようとネットで署名を集めている。

イタリア北部トレント県在住の少年3人がインテルに所属する日本代表のDF長友佑都に対面するという夢が叶うようネット上で署名を募っている。地元紙『イル・ドロミティ』が1日、伝えている。

イタリア北部にあるガルダ湖畔の街、リーヴァ・デル・ガルダに住むシモーネ・ポレッティ君(17歳)は、地元クラブで長友と同じサイドバックを務めている。そして長友には特別な思い入れがあり、大ファンであると何年も前から公言している。

4月30日のセリエA第34節ナポリ戦(1-0でナポリが勝利)では、長友の不用意なミスがチームの敗戦につながってしまったが、シモーネ君がそんなことで長友のファンをやめることなどない。友人のジャコモ・ポーリ君とマルコ・カツォッリ君とともに、長友に対面するという夢を叶えようと地道に署名を集め続けている。友人の2人も、シモーネ君の夢を実現させようと必死にサポートしている。

■遠い日本から来た長友佑都に憧れ

「子供は誰しも夢を持っているものだよ。宇宙飛行士になりたい子もいれば、医者や弁護士、俳優を夢見る子もいる。シモーネは変かも知れないけど、ちょっと違う夢を持っているんだ。もう何年も前からユート・ナガトモに会おうと頑張っている」

「何年も前からずっとナガトモのことを話している。彼と同じポジションでプレーしているし、熱狂的なインテリスタだからね。彼を物凄く尊敬しているのには、特別なバックグラウンドがあるからでもある。日本でキャリアをスタートして、犠牲も払いながらストイックに努力してセリエAにやって来た。それから(ジョゼ)モウリーニョが率いて3冠を達成したばかりの偉大なインテルに加入したんだ」

長友との対面を実現するため、署名支援サイトを選んだ理由をジャコモ君は説明している。

「シモーネはインテルのスター選手と連絡を取ろうとあらゆる手段を試したけど、上手くいかなかった。僕らは彼を助けたいんだ。たった1人の力ではなかなか聞き入れてもらえないけど、ネットの署名支援サイト(Change.org)でたくさん支援が集まれば検討してもらえるかもしれない。友人の夢、そして僕ら3人の夢が叶うように皆、署名をお願いします」

署名は2日現在、900件ほど寄せられている。

閉じる