インテルの19歳FW、3日間で2度もエレベーターに閉じ込められる…SNSで報告

コメント()
Getty Images
インテルの若手、ヤン・カラモーは3日間で2度もエレベーターに閉じ込められ、救助を待った。

インテルに所属するU-21フランス代表のFWヤン・カラモーは、2度もエレベーターに閉じ込められていたようだ。同選手がインスタグラムで明らかにしている。

カラモーはコートジボワール生まれの19歳。2歳の時に両親とともにフランスへ移住し、カーンの下部組織で育った。昨シーズンの開幕戦においてトップチームでのデビューを飾り、リーグ・アン35試合に出場、5ゴール4アシストを記録した。インテルへは今夏の移籍市場最終日にレンタル移籍で加入し、24日のジェノア戦でデビューしている。

ミラノでの生活はまだ1ヶ月ほどのカラモーだが、ここ3日間で2度目となるエレベータートラブルに見舞われた。23日、エレベーター内に閉じ込められたカラモーは床に横たわって救助を待つ間、動画を撮影。「閉じ込められた」とのコメントを添えてSNSに投稿している。

その2日後、カラモーは不運にも再びエレベーター内に取り残されてしまったことを報告している。今回は動画に絵文字を多数使用しており、2度目の災難を楽しむ様子さえうかがえた。『Goal』の現地記者も「エレベーターに関しては悪かったが、ピッチではなかなか良かった」と綴り、ジェノア戦でDFダニーロ・ダンブロージオの決勝点につながるCKを呼び込んだカラモーのシュートを称えた。

▶セリエAのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
名審判イルマトフの笛に…判定基準に苦しんだ原口「取りに行けば全部ファウルに…。あの中で賢く守れた」
次の記事:
レアル・マドリー、ポルトの21歳ブラジル代表DFミリトンと個人合意…契約解除金5000万ユーロ支払いへ
次の記事:
成長続ける20歳・冨安健洋、吉田らベテランとの最高の関係「練習中から…」
次の記事:
バルセロナ加入濃厚のボアテング、過去に「バルサよりレアル・マドリーが好き」と発言
次の記事:
8強入りも森保Jに正念場。青山敏弘が右ひざ痛のためアジア杯離脱…広島も同時発表
閉じる