ニュース ライブスコア
EURO予選

イングランド戦で人種差別のブルガリアへの処分決定…UEFAが2試合スタンド閉鎖と罰金900万円を科す

15:00 JST 2019/10/30
Bulgarian racists

欧州サッカー連盟(UEFA)は、ブルガリアに2試合の無観客試合を命じた。

14日に行われたEURO2020予選ブルガリア対イングランドで人種差別に関する問題が発生。首都ソフィアのヴァシル・レフスキ・ナショナル・スタジアムに駆けつけたブルガリアサポーターがイングランドの黒人選手に対して人種差別を働き、タイロン・ミングスに至っては“モンキーチャント”を浴びせたことが確認されている。

これを受け、レフェリーは前半のうちに2度試合を中断。また、ブルガリア主将のイヴェリン・ポポフはサポーターを説得し、主催者側は人種差別を行ったサポーターを退場させるなどの措置を取り、試合自体は最後まで行われた。しかし試合後、サポーターの行為を重く見たUEFAはブルガリアを処分することを発表。6月のコソボ代表戦でも人種差別が発覚しており、より重い処分になるのではないかと注目が集まっていた。

そして29日、UEFAはブルガリアへの処分に関する声明を発表。ブルガリアサッカー連盟に対してホームで行われるUEFA主催の2試合でスタンド閉鎖の処分を下した。1試合は11月17日のチェコ代表戦になるようで、残りの1試合は2年間の執行猶予が付帯するようだ。さらに、7万5000ユーロ(約900万円)の罰金と、次のホームゲーム2試合でUEFAのロゴが入った“NO TO RACISM”のバナーを掲げるよう命じている。

ブルガリアとイングランドの一戦で起きた人種差別を巡っては波紋を呼んでおり、ブルガリア首相がサッカー連盟会長の辞任を求め、同組織の幹部全員の退陣が決まったとも報じられている。また、試合後に「人種差別を耳にしなかった」と主張したクラシミール・バラコフ監督は、後に謝罪し、指揮官の職を辞している。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です