イングランドからの補強に注力のライプツィヒ、エヴァートンから完全移籍でルックマンを獲得

コメント()
Alex Livesey/Getty Images
以前レンタルで迎え入れたアタッカーと5年契約を締結。

RBライプツィヒは25日、エヴァートンからU-21イングランド代表FWアデモラ・ルックマンを完全移籍で獲得したことを発表した。契約は2024年までとなる。

現在21歳のルックマンはレンタルで送り出された2017-2018シーズンの後半戦もすでにライプツィヒでプレー。当時11試合で5ゴール4アシストと活躍すると、エヴァートンでの昨シーズンを挟む形でライプツィヒに復帰することになった。

ルックマンはクラブの公式ウェブサイトで「チームメイトたちとの再会を楽しみにしているし、素晴らしい成功を手にするため、チームの力になりたい。ついにまたレッドブル・アレーナといった素晴らしい場所で、ファンたちの前でプレーできる。この移籍を可能にしてくれた神様、ファン、RBライプツィヒに感謝を告げたい」と喜びを語った。

ドイツメディア『ビルト』や『キッカー』によると、ライプツィヒが支払った移籍金は1800万ユーロ(約21億7000万円)+ボーナスとのこと。一方、イギリスメディアではエヴァートンは2500万ユーロ(約30億1000万円)の移籍金を得たと伝えられている。なお、ルックマンは数日前に1年間の期限付きでチェルシーから獲得したウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥに続くイングランドからの補強となっている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる