イランが中国を下しW杯へ大きく前進…韓国は2位死守/W杯アジア最終予選グループA

コメント()
(C)Getty Images
2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・第7戦、グループAの3試合が行われた。

2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・第7戦が28日に行われ、グループAの3試合が行われた。

上位3チームが下位3チームをホームで迎え撃つ形となった第7戦は、上位チームがそれぞれ勝利。上位チーム間での差は変わらぬまま、シリア、中国、カタールを突き放す結果となった。

3位・ウズベキスタンと6位・カタールとの試合は、65分に決まったオディル・アフメドフのゴールが決勝点となり、1-0でウズベキスタンが勝ち点3を積み上げた。

広告

第6戦で2敗目を喫した2位・韓国は、シリアと対戦。試合が動いたのは4分。相手のクリアボールをホン・ジョンホがダイレクトで撃ち返すと、ネットに突き刺さる。これが決勝点となり、1-0で韓国が勝利を収めた。

第6節で初白星を挙げた中国と対戦した首位・イランは、メフディ・タレミが2試合連続となる決勝ゴールを決め、1-0で勝利。勝ち点を17に伸ばし、首位をキープした。

■W杯アジア最終予選A組第7節結果

ウズベキスタン 1-0 カタール
韓国 1-0 シリア
イラン 1-0 中国

■グループA順位表

1位 イラン(17)
2位 韓国(13)
3位 ウズベキスタン(12)
4位 シリア(8)
5位 中国(5)
6位 カタール(4)
※()内は勝ち点

サッカーのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる