イブラヒモビッチの恩師が愛弟子の復活に期待「大きなプラスをもたらす」

コメント()
Getty Images
今夏の移籍市場で、マンチェスター・Uと再契約を結んだイブラヒモビッチについて、マルメ時代の恩師アンデションが太鼓判を押している。

マンチェスター・ユナイテッドとの契約が切れ、フリーになっていたズラタン・イブラヒモビッチだったが、ユナイテッドと再契約を結んでプレミア挑戦2年目を迎えることになった。

イブラヒモビッチがマンチェスター・Uと再契約を結んだことについて、スウェーデンのマルメ時代の恩師、マイケル・アンデションが『ESPN FC』の取材で「マンチェスター・Uの決断は正しかった」と述べている。

「ズラタンはユナイテッドにいた1年間で、チームに数々の良い影響をもたらしたんだと思う。彼の存在はピッチ上だけでなく、チームやコーチを盛りたてる役割も担っていた。それはとても重要なことで、貴重な役回りだと思うよ」

アンデション氏は「若い頃のズラタンはそこまでの影響力がなかった。だが、彼の存在は同僚やクラブに対して、多大な影響を及ぼしている。彼が(ジョゼ)モウリーニョのチームに大きなプラスを与える存在だから、クラブもズラタンを欲したんだろう」と語り、ユナイテッドがイブラヒモビッチと再契約を結んだことに理解を示している。

また、「しばらくズラタンはプレーできないかもしれないが、もしユナイテッドがチャンピオンズリーグで上位まで進出した場合は、大きなことをやってのけるかもしれないね」と続け、イブラヒモビッチが復帰したらンチェスター・Uはビッグマッチで大きなアドバンテージを得ることになると予想した。

1981年生まれ、現在35歳のイブラヒモビッチはマルメでトップデビューを果たし、2001年にアヤックスへ移籍。その後はユヴェントス、インテル、バルセロナ、ミラン、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・Uと渡り歩いた。マルメ時代の恩師アンデションは、イブラヒモビッチの再加入はマンチェスター・Uにとって大きなプラスになるとの見解を述べている。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる