イニエスタ、バルサで600試合出場のメッシを祝福「彼にとってはわずかな数字」

コメント()
Getty Images
セビージャ戦勝利を喜ぶ

5日のリーガエスパニョーラ第11節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのセビージャ戦を2−1で制した。MFアンドレス・イニエスタは試合後、チームが順調に勝ち点3を重ねていることに満足感を表している。

スペイン代表MFは、同国『Beinスポーツ』とのフラッシュインタビューで次のように語った。

広告

「セビージャはそのプレースタイルと擁する選手たちによって、攻略が難しいチームだ。1−1とされた後にも僕たちはプレーに臨み続け、再度リードを手にした。また勝ち点3を獲得できて幸せだ。それこそ、僕たちがすべきことだからね」

また、この一戦がバルセロナでの通算600試目となったFWリオネル・メッシにも言及している。

「そんな数字にまで到達するのは、本当に難しいことだ。だけど、600試合も彼にとってはわずかな数字になることを確信している。彼がこれから臨んでいく試合に、タイトルなど素晴らしいことが伴うことを願っているよ」

次の記事:
「トップ4のために負けられない」ダービーを前に、エメリが勝ち点3奪取を誓う
次の記事:
グアルディオラがマンチェスター・Cの補強方針について言及「中盤の選手3、4人を調査中」
次の記事:
元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に
次の記事:
ポグバが“帰って来た”スールシャールを大絶賛「チームをファーガソン時代に戻した」
次の記事:
クルトワに続き、ナバスも負傷で離脱…大一番セビージャ戦でルカ・ジダンが先発か
閉じる