イタリアサッカー協会会長、辞任表明も不満爆発「ハーフタイム中に監督を変えるべきだったな」

コメント()
60年ぶりにワールドカップ行きを逃したイタリア。カルロ・タヴェッキオ会長は辞任することに。

イタリアサッカー協会(FIGC)のカルロ・タヴェッキオ会長は、辞任することを明らかにした。『Sky Sport』が報じている。

13日にロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフ第2戦で引き分け、2試合合計スコア0-1でスウェーデンの前に敗退し、60年ぶりの本大会出場を逃したイタリア。当初は辞任を否定したタヴェッキオ氏だが、ローマで行われた会合の中で、周りの圧力に屈する形で辞任を表明することになったようだ。なお、今後90日以内に新会長選挙が行われ、それまではタヴェッキオ氏が暫定会長になるという。

タヴェッキオ氏は辞任の以降を明らかにしつつ、他の上層部が責任を取らなかったことに怒りを感じているようだ。

「会長職を辞任する。私は他の上層部に同じように問いかけたが、続かなかった。彼らは『タヴェッキオが(ジャンピエロ)ヴェントゥーラを選んだ』と主張している。だが、それは正しくない。(マルチェロ)リッピが選んだんだ」

「私は4~5人の素晴らしいイタリア人指揮官と会合したが、全員6月前までに就任することができなかった。私が会長だから来たがらないというのは間違いだ」

「何か不満はあるかって?そうだな…。先週月曜日のハーフタイム中に、監督を変えるべきだったな」

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
柴崎岳、2戦消化で連係面の上積みを実感「公式戦での日本代表というのが出てきた」
次の記事:
堂安律「この前の試合より次の試合のほうが良いプレーができる」アジアカップ中の成長に意欲
次の記事:
ケイン&ソンが不在もトッテナムに補強の意思なし?ポチェッティーノ「他の選手にとって大チャンス」
次の記事:
3年半経ってもファン・ハールへの恨みを忘れず?ディ・マリア「おかげでPSGで輝きを取り戻せた」
次の記事:
大迫勇也、復帰のタイミングは?ブレーメン監督が本人からの報告を明かす「すべてオーケー」
閉じる