イスコ、マドリーダービーの主審に「君はとても酷い」

コメント()
Getty Images
アトレティコのタックルがファウルとならなかったことに不満を溜める。

レアル・マドリーMFイスコが、18日のリーガエスパニョーラ第12節アトレティコ・マドリー戦で主審に対して侮辱するような言葉を口にしていた模様だ。スペイン『マルカ』が報じている。

イスコはこの試合をレフェリングしたフェルナンデス・ボルバラン主審が、アトレティコの選手たちが仕掛けるタックルに対してファウルを取らなかったことに不満を抱えていた様子。そしてロングボールを肩でトラップした際にハンドを取られ、憤りの言葉を発したようだ。

イスコはその際、ボルバラン主審に対して右手で肩を指しながら抗議。そして「君はとても酷い」という言葉を口にしたと見られる。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
大幅メンバー変更の日本代表、ウズベクに先制許すも武藤の豪快ヘッドで追いついて後半へ
次の記事:
シャビのお眼鏡に適う選手は…「バルサにも合う。複数のポジションで世界最高になる」
次の記事:
首位通過懸けたウズベク戦、日本代表は先発を大幅入れ替え…10番乾がロシアW杯以来の出場
次の記事:
マンチェスター・Cの有望株はドイツ行き希望か…A代表デビューもクラブでは出場なし
次の記事:
神戸が2019シーズンの背番号を発表!ビジャは7番、山口は5番に決定
閉じる