ニュース ライブスコア
ラ リーガ

イスコが契約延長合意間近の一方で...ハメスに再び移籍の可能性が浮上

19:24 JST 2017/04/26
GettyImages-625968456 james cristiano
アセンシオの台頭もあり、レアル・マドリーの背番号10の去就は不透明となっている。アザールの移籍話も破談になるかもしれない。

MFイスコがレアル・マドリーとの契約延長に近づいている一方で、MFハメス・ロドリゲスに再び移籍の可能性が出てきている。スペイン『マルカ』が伝えた。

マドリーと2022年までの契約延長で合意に至りつつあるイスコ。スペイン代表MFの契約更新に加え、最近ではMFマルコ・アセンシオの台頭もあり、ハメスの立場が危うくなり始めている。

マドリーはイスコ、ハメス、アセンシオの3選手を来季も同チームにとどまらせる考えを持っていないようだ。残留するのはこのうち2選手で、現時点ではイスコとアセンシオがポールポジションに立っているとみられる。

またイスコの契約延長は、新戦力の到着にも影響を及ぼすとされる。ジネディーヌ・ジダン監督の要望でチェルシーMFエデン・アザール獲得に動くのではないかと推測されていたマドリーだが、イスコの残留でベルギー代表MF加入の可能性は非常に低くなっている。

アセンシオは、ここ最近のプレーでジダン監督の信頼を完全に勝ち取った。その活躍はMFガレス・ベイルの出場機会を脅かすもので、クラブは将来有望なMFの成長を見て補強方針を検討し直している模様だ。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。