ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

アーセナルMFジャカは残留へ…実兄タウラントが証言「グラニトは残りたいと言っている」

20:30 JST 2020/01/11
2020-01-11 Xhaka Arteta Arsenal
アーセナルで主将をはく奪されるなど、エメリ体制終盤で何かと話題となったジャカだったが、退団の話は収束しているようだ。

アーセナルの前主将、スイス代表MFグラニト・ジャカは、今冬のドイツ行きがうわさされていたが、その話は収束し、アーセナル残留に向かっているようだ。

今季からアーセナルの主将に任命されたジャカだったが、10月27日のクリスタル・パレス戦では途中交代となり、その際に問題行動をピッチ上で見せてしまう。ブカヨ・サカとの交代でベンチに下がる際にファンからブーイングを浴び、ジャカは耳に手を当ててサポーターを挑発。暴言を吐き捨て、ユニフォームを脱ぎながらドレッシングルームへと下がった。

当時の指揮官ウナイ・エメリは11月2日に行われたウォルヴァーハンプトン戦の招集メンバーにジャカを加えず。後日、ジャカのキャプテンをはく奪したと発表している。そしてエメリ体制のアーセナルはこの後も低迷を続け、11月下旬に指揮官エメリは解任の憂き目に。

アーセナルのキャプテンマークはピエール・エメリク・オーバメヤンへと引き継がれたが、ジャカはすでにロンドンでファンからの信頼も失いつつあり、今冬の移籍市場では他国リーグへの移籍が有力視されていた。

そのジャカについて、バーゼルでプレーする実兄、タウラント・ジャカは『t-online.de』に対して「グラニトはプレミアリーグに残りたいと言っていた」と言及している。

「ヘルタ・ベルリンへの移籍が現実味のある話なのかどうかはわからないけど、彼はアーセナルで満足しているみたいだ。おそらく残ると思う」

ファンからの信頼を失い、キャプテンもはく奪されたジャカ。一時は「今冬の移籍市場で15-16シーズン以来のブンデスリーガ復帰間近」とも伝えられたが、アーセナル残留で決着する見通しのようだ。

▶プレミアリーグ 2019-20シーズンDAZN完全独占!プレミアリーグ観るならDAZN。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)をテレビで見る方法7つを厳選!超簡単な視聴方法を紹介
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です