ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

アーセナル、クラブ史上最高額94億円でFWペペ獲得!契約期間は5年、背番号は19に

5:49 JST 2019/08/02
Nicolas Pepe Arsenal 2019

アーセナルは1日、コートジボワール代表FWニコラ・ペペを獲得したことを発表した。

今夏、ウナイ・エメリ監督の熱望するウインガーの補強に動いているアーセナル。クリスタル・パレスFWウィルフレッド・ザハやコパ・アメリカ2019で得点王に輝いたブラジル代表FWエヴェルトンなど、数多くの選手をリストアップしていると伝えられていた。

そんな中、昨季リールで22ゴール11アシストを記録するなどセンセーショナルな活躍を見せたペペに7月中旬より熱心な関心を示していることを各メディアが報道。移籍金総額7200万ポンド(約94億円)でリールとクラブ間合意に達したことが『Goal』の取材で明らかとなっていた。

そして1日、アーセナルはペペ獲得を発表。契約期間は2024年までの5年と伝えられており、新天地ではリール時代と同じく19番を着用することになる。クラブは移籍金の額こそ明かしていないものの、クラブ史上最高額であることを明かしている。複数メディアによると、アーセナルは移籍金7200万ポンドを複数年で分割して支払うとされている。

アーセナルはこれまで、2018年1月にドルトムントからFWピエール=エメリク・オーバメヤンを獲得する際に支払った5600万ポンド(約89億円:当時)がクラブ史上最高額の補強となっていた。しかし、今回の取引はオーバメヤンの記録を塗り替えるものになっている。

2014年にアンジェでプロデビューを果たしたペペ。その後フランス3部へのローン移籍を経て、2016年に昇格したアンジェでリーグ・アンデビューを飾った。2017年にリールへ移籍すると、最初のシーズンで13ゴール5アシストを記録してポジションを確保。そして昨シーズン、リーグ・アン38試合すべてに出場し、22ゴール11アシストと見事な活躍を見せた。プロサッカー選手連合(UNFP)の選ぶベストイレブンにも選出されている。また、2016年にはコートジボワール代表デビュー。これまで13試合で4ゴールを記録し、先日まで行われていたアフリカ・ネイションズカップ2019にも出場している。

エメリ監督は今夏の移籍市場でセンターバック、左サイドバック、セントラルMF、ウインガーを望んでいたとされている。すでにレアル・マドリーからダニ・セバジョスを獲得し、サンテティエンヌから18歳DFウィリアム・サリバを確保(来季はサンテティエンヌへローン)。そして、待望のウインガーの補強にも成功した。予算が限られる難しい夏を過ごしていたアーセナルだが、指揮官の望むポジションを順調に補強している。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です