アーセナルに必要なのはトッテナム指揮官?OBがヴェンゲル後任に言及「年老いた監督ではなく…」

コメント()
Getty Images
ライト氏はフランス人指揮官の時間は終焉に近いと話した。

元アーセナルのイアン・ライト氏は、古巣にはアーセン・ヴェンゲル監督ではなくマウリシオ・ポチェッティーノ監督のような指揮官が必要だと話した。

アーセナルは、先日のカラバオカップ決勝でマンチェスター・シティに敗れ今季初のタイトルを逃すなど、2018年に入ってから12試合で6敗と波に乗れていない。この低調な成績を受け、同クラブで185ゴールを挙げる活躍を見せたライト氏は、クラブが復調するまでに数年はかかるだろうとイギリス『BBC』で話している。

「アーセナルが再び挑戦することを求める。ファンを魅了するような選手を獲得すべきだ。復権するのにどのぐらい時間がかかるかって?数年を要するだろう。トップ5のクラブは前へと進んでいるが、アーセナルは別の方向へと行ってしまっている。この流れを止めるには成功を見込める指揮官を雇い、そして選手と契約する必要がある。しかし、まだまだ長い道のりだ」

「クラブは年老いたコーチではく、若い監督を探し始める必要がある。(カルロ)アンチェロッティと話をしているようだが、マウリシオ・ポチェッティーノのような指揮官を見つけ出す必要があると思う」

さらに、ライト氏はヴェンゲル監督ついて「メンバーに入った若手が遅刻して練習にやって来ると耳にする。このようなことが頻繁に起きるようなら、終焉に近づいたと言わざるを得ない」と退任する時期がやって来たとコメントを残した。

昨シーズンに続き、2シーズン連続でトップ4を逃す可能性の高まるアーセナルは、21年間チームを指揮する68歳のフランス人指揮官に見切りをつけ、ライト氏が提言するように若手指揮官の招聘へ動き出すのだろうか。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
重傷者が相次ぐアーセナル…エメリは今冬の補強を望む「1人か2人の選手を…」
次の記事:
“2年目の壁”が立ちはだかった伊藤達哉、巻き返しへ熱意…独地元紙「攻撃モードに入った」
次の記事:
ネイマールが右足を痛めて途中交代…トゥヘル「昨年の負傷と同じ右足だから心配」
次の記事:
セビージャがホームでバルセロナに2-0先勝…バルサの国王杯5連覇に黄信号/国王杯準々決勝
次の記事:
アグエロ弾でマンチェスター・Cが3部バートンに連勝…リーグカップ決勝進出/カラバオカップ準決勝
閉じる