ニュース ライブスコア
ラ リーガ

アラベスに敗れて3連敗のマジョルカ監督「試合を優位に進め、勝利に近づいたのは私たちだった」

9:08 JST 2019/09/30
2019_9_29_kubo5

29日のリーガ・エスパニョーラ第7節、マジョルカは敵地メンディソロサでのアラベス戦を0-2で落とした。ビセンテ・モレノ監督は、自分たちが試合を優位に進めていたにもかかわらず、アラベスにPKを与えられたことで一気に形勢が逆転したとの見解を示している。

マジョルカは75分にボックス内でラゴ・ジュニオールがピナを倒したとの判定で、アラベスにPKを献上。このPKをルーカス・ペレスに決められると、86分にはホセルの追加点も許して敗戦を喫した。これでリーグ戦3連敗、直近6試合で1分け5敗という苦しい状況に陥っている。

モレノ監督は試合後、この一戦では勝利に近づいいていたものの、PKがすべてを台無しにしたとの考えを述べた。スペイン 『マルカ』がコメントを伝えている。

「私たちは多くのフェーズにおいて試合を支配していた。実際、アラベスの攻撃にそこまで苦しんでいなかったんだ。しかし勝利の可能性があったとき、または何かポジティブなものを引き出せそうだったときにPKが生まれて、試合の行方が決まってしまった。私にとってはVARがあってもなくてもPKではない。ラゴは足を引き、相手選手に当てていなかった」

「選手たちは疲れ切っているよ。7試合で6回目のPKなのだからね。それに加えて、私たちはゴール前で運を持っていない。マジョルカはリーガで最も多くポストを叩いたチームであり、そうした二つの状況が組み合わされれば、もちろん勝利するのは難しくなる」

モレノ監督はまた、10月6日に行われるリーガ第8節エスパニョール戦で、勝利をつかむ重要性を説いた。

「私たちは今後も戦い続けなくてはならない。マジョルカが難しい状況に陥っていると見られているが、1部では多くのチームが勝ち点を重ねることに苦労を強いられている。もしエスパニョール戦で勝利すれば、また違う状況に立つことになるだろう」

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です