ニュース ライブスコア
天皇杯

アマチュア最強Honda FCの夢破れる…J1首位・鹿島が大苦戦もジャイキリ許さず、2年連続4強

21:03 JST 2019/10/23
2019_10_23_kashima2

天皇杯準々決勝の鹿島アントラーズ(J1)vs Honda FC(JFL)が23日に県立カシマスタジアムで開催された。

J1リーグで首位に立つ常勝軍団・鹿島と、今大会で北海道コンサドーレ札幌や浦和レッズを下すなど旋風を巻き起こしているアマチュア最強のHonda FCが激突した。鹿島は1-1で引き分けた直近の松本山雅FC戦から先発4選手を変更して試合に臨んだ。

序盤、J1リーディングの鹿島に対しても試合開始から臆せず、ショートパスをつないで攻撃の姿勢を強調するHonda FCが好勝負に持ち込む。鹿島はHonda FCに決定機こそつくらせないも、アタッキングサードでのプレーの質と精度を欠いたことでなかなかシュートに持ち込めない。

そんな中、鹿島の初シュートは42分だった。小池裕太がボックス左手前から入れたクロスをファーサイドで折り返すと、最後は正面の土居聖真がヘディングシュート。しかし、これはGK白坂楓馬の守備範囲で処理されてしまう。ハーフタイム前に大岩剛監督が「Honda FCさんのアグレッシブさがあり、難しい試合になっている。自分たちがボールを保持しているときの動き出しを改善したい」と語った前半は0-0で終了する。

迎えた後半、大岩監督の言葉どおりに前線の動きが活発になった鹿島がペースを握る。すると、65分に鹿島が試合の均衡を崩す。右サイドの遠藤康が中に切れ込みながら左足でクロス。これをファーサイドで合わせた土居がヘディングシュートを流し込み、鹿島が先制した。

その後も、気落ちせずに反撃に出てきたHonda FCは83分、遠野大弥のクロスから正面の佐々木俊輝が放ったヘディングシュートが左ポストに直撃。惜しくも同点弾とはならない。

結局、何とか耐え抜いた鹿島は土居のゴールを決勝弾とし、J1の意地を見せる形で2年連続のベスト4に進出。一方、天皇杯制覇を目標に掲げて旋風を巻き起こしてきたHonda FCは、昨年大会の2回戦で敗れた鹿島に再び敗れ、1991年以来28年ぶりのベスト4とはならなかった。

■試合結果
鹿島アントラーズ 1-0 Honda FC

■得点者
鹿島:土居聖真(65分)
Honda FC:なし

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です