アポエル戦で2得点を記録のベンゼマ「僕はゴール以外のこともできる」

コメント()
Getty
それでも、ゴールへの喜びを語る

21日のチャンピオンズリーグ・グループH第5節、レアル・マドリーはアウェーでのアポエル戦に6-0で大勝し、2位での決勝トーナメント進出を決めた。FWカリム・ベンゼマは試合後、2得点を決めたことへの喜びを語っている。

今季ここまで、リーガエスパニョーラで1得点を決めるのみと不調が囁かれていたベンゼマだが、この試合では2得点を記録。試合後、スペイン『Beinスポーツ』とのインタビューに応じた同選手は、自身がゴールを決めるだけのストライカーではないと強調しながら、それでも得点を喜ばしく感じているようだ。

「ゴールへの不安はいつだって抱えている。僕はストライカーだからね。ゴールはとても重要だ。ただ僕はそれだけではなく、ゴール以外のことだってできる」

「もちろん、多くのゴールを決めることを望んでいるよ。だけどパスや動き出しによってチームを助けられるなら、そうしていく。今日は2ゴールを決められたけど、僕とチームにとって良いことだと思っている」

ベンゼマは1ゴール目を決めた直後、ベンチに駆け寄ってジネディーヌ・ジダン監督とタッチを交わし、さらにFWボルハ・マジョラルと抱き合った。

「僕はマジョラルの模範でなくてはならない。彼のことは好ましく思っている。僕に注目し、学ぼうとしている彼のような若手を歓迎しているよ」

ベンゼマは一方で、自身やレアル・マドリーに向けた批判について「それは僕の人生の一部だけど、ゴールとアシストによって変えていきたい。そうできるはずだよ。6ゴールを決め、失点をしなかったことは自信につながる」とコメント。自身の将来については「僕はレアル・マドリーでとても幸せだ」と話している。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
レアル・マドリー、やはり今夏にアザール獲得へ…移籍金1億ユーロ支払いも問題なし
次の記事:
驚異の右足を持つFKのスペシャリスト、アーノルドが長期契約…クロップも絶賛「ファンタスティックな選手」
次の記事:
モラタ獲得を目指すアトレティコ、予算確保のためにジェルソンをモナコに放出へ
次の記事:
全員が決戦へいい準備を。権田修一「誰が出るかもわからない状況の中で…」
次の記事:
フラム、32歳バベル獲得の次は岡崎やG・ケーヒル?1部残留に向け補強の年齢制限撤廃
閉じる