アビスパ福岡が痛恨の引き分け…千葉が松本に5発大勝/J2リーグ第37節

コメント()
J.LEAGUE PHOTOS
10月14日に明治安田生命J2リーグ第37節の6試合が行われた。

14日に明治安田生命J2リーグ第37節の6試合が行われ、2位のアビスパ福岡がアウェイで大分トリニータと引き分けた。

首位の湘南ベルマーレを追うアビスパ福岡は、アウェイで大分トリニータと対戦。前半に先制ゴールを許したが、後半にウォン・ドゥジェのゴールで同点に追いつく。しかし、逆転ゴールは届かず、1-1のドローに終わっている。

ジェフユナイテッド千葉と松本山雅FCの一戦は一方的な展開となった。千葉は7分にラリベイの2試合連続ゴールで先制する。しかし、松本も後半開始直後に工藤浩平のゴールで追いつく。同点に追いつかれたことで攻勢を強める千葉は53分に山本真希が勝ち越し点を奪うと、その3分後にはラリベイのこの日2点目が決まり突き放す。さらに、終盤にも2ゴールを加点し、終わってみれば千葉が5-1で快勝。2連勝を飾っている。

FC岐阜のホームに乗り込んだ徳島ヴォルティスは後半の内田裕斗、岩尾憲のゴールで2-0と完勝を収めた。横浜FCとホームで対戦したモンテディオ山形も、阪野豊史と中村駿のゴールで2-0で勝利している。

水戸ホーリーホックは56分に決まった内田航平の虎の子の1点を守り切り、ファジアーノ岡山に1-0と完封勝利。連敗を2でストップした。ホームにロアッソ熊本を迎えた京都サンガF.C.は、22分に田中マルクス闘莉王のオウンゴールで先制を許したが、38分に石櫃洋祐のゴールで同点に追いつく。すると71分、闘莉王がDF初のJリーグ通算100得点目となる逆転弾を決めて汚名返上。闘莉王の活躍で京都が2-1で勝利している。

試合結果は以下の通り。10月15日に残り5試合が行われる。

明治安田生命J2リーグ第37節

10月14日
モンテディオ山形 2-0 横浜FC
水戸ホーリーホック 1-0 ファジアーノ岡山
大分トリニータ 1-1 アビスパ福岡
ジェフユナイテッド千葉 5-1 松本山雅FC
京都サンガF.C. 2-1 ロアッソ熊本
FC岐阜 0-2 徳島ヴォルティス

10月15日
V・ファーレン長崎 vs レノファ山口FC
名古屋グランパス vs 湘南ベルマーレ
FC町田ゼルビア vs ツエーゲン金沢
愛媛FC vs カマタマーレ讃岐
ザスパクサツ群馬 vs 東京ヴェルディ

▶Jリーグのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる