アドゥリス、地元出身選手としてリーガ最多得点者に...36歳にして新たな記録を樹立

コメント()
Getty Images
衰えを知らないアドゥリスが、またしても誇るべき記録を達成している。

アスレティック・ビルバオFWアリツ・アドゥリスが、4日に行われたリーガエスパニョーラ第30節エスパニョール戦(2-0)で新たな記録を樹立した。

アドゥリスは本拠地サン・マメスにエスパニョールを迎えた一戦で、チームの全得点を叩き出した。この2得点で今季のリーガにおけるゴール数を「12」に伸ばし、現時点で15得点を挙げサモラ賞(スペイン人得点王)に最も近いセルタFWイアゴ・アスパスに迫っている。

なおアドゥリスはエスパニョール戦の得点で、アスレティックでのリーガ得点数を102ゴールとしている。フレン・ゲレーロ氏を追い抜き、クラブ史上10番目のゴールスコアラーとなった。

また、アドゥリスは他クラブ在籍時も含めたリーガ通算得点数を「142」とした。バスク地方のギプスコア県出身選手として、イゴア氏(141得点)を抜き去り、リーガ最多得点者になっている。

リーガ・エスパニョーラのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる