ニュース ライブスコア
ラ リーガ

アトレティコDFフィリペ、慣れない得点に「30個のゴールパフォーマンスを一気に披露したかった」

23:00 JST 2017/12/03
Filipe Luis Atletico Madrid
ラ・レアル戦で同点ゴールを記録

2日のリーガエスパニョーラ第14節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのレアル・ソシエダ戦を2−1で制した。この試合で同点弾を決めたDFフィリペ・ルイスは、逆転勝利のきっかけとなったゴールを決められたことに満足感を表している。

試合終了後、メトロポリターノの会見場に姿を現したフィリペは、次のようにコメントした。

「クロスが送られ、ファーまで届いた。左足では打てず、だから切り返して右足のシュートを試みたんだ。同点にするゴールを決められて満足だよ。4−0とするゴールとはわけが違うからね。ジエゴ・コスタがそういったゴールを決めるのを見続けきたが、今日は僕の番だった」

「ゴールを決めることには慣れていないし、決めたときには頭に思い浮かべていた30個のゴールパフォーマンスを一気に披露したくなった(笑)。このゴールは自分をベンチに、支え続けてくれた人たちに捧げたい。何人かとは本当に親しい関係を築いていて、もうすぐ生まれる3人目の子供には彼らの内一人の名前を付けたいと思う」

試合終了直後、フィリペはその場に座り込んでしまったDFアルバロ・オドリオソラに近づき、立ち上がらせて励ましの言葉を送っていた。

「今週は映画よりも、彼のプレー映像を見る時間の方が長かったね。リーガでは、今はチームメートのフアンフラン、またヘスス・ナバスと激しいデュエルに興じてきたが、今日は彼とぶつかり合った。とても速くて、止めるのが難しかったと声をかけたかったんだ」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。