アトレティコ、加入決定的な19歳フェリックスにクラブ最高額306億円の契約解除金設定へ…年俸は4億超え

コメント()
Getty/Goal

アトレティコ・マドリーは、加入迫るポルトガル代表FWジョアン・フェリックスの契約解除金をクラブ最高額に設定するようだ。『Goal』の取材で明らかとなった。

2018-19シーズンにベンフィカのトップチームデビューを果たしたばかりのJ・フェリックス。しかし、リーグ戦26試合で15ゴールをマークしてチームをリーグ優勝に導くと、ポルトガル代表としてもUEFAネーションズリーグに参加し、初代王者に輝いた。

その活躍から様々なビッグクラブの関心を集めている19歳だが、先日ベンフィカがアトレティコから1億2600万ユーロ(約154億円)を受けたことを公表。クラブと選手が結ぶ契約解除金である1億2000万ユーロ(約147億円)を上回るビッグオファーを受けたことを認めている。

『Goal』の取材では、アトレティコ側は財政的負担を和らげるために分割払いを望んでいるため、ベンフィカ側はオファーを受け入れる義務がないことがわかっている。現在オファーを検討中のようだが、近いうちに移籍成立が発表されることになるようだ。アトレティコにとって史上最高額の契約となる19歳FWは、7月4日ごろに到着する見込みだという。

また、J・フェリックスは年俸350万ユーロ(約4億3000万円)の5年契約にサインすると見られている。アトレティコは19歳FWの契約解除金を2億5000万ユーロ(約306億円)に設定するようだが、これはクラブ最高額になるようだ。

J・フェリックスの獲得が決定的となったアトレティコだが、選手の出入りが激しい夏となっている。すでに契約満了に伴いDFディエゴ・ゴディンとDFフアンフランの退団、そしてDFリュカ・エルナンデスとFWルチアーノ・ビエットの移籍も決定。FWアントワーヌ・グリーズマンのバルセロナ移籍とMFロドリのマンチェスター・シティ移籍も決定的と見られている。

その一方で、レアル・マドリーからMFマルコス・ジョレンテ、ポルトDFフェリペ獲得をすでに決めている。来月には、ここに19歳の逸材が加わることになりそうだ。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる