アトレティコ、フランクフルトからレビッチ獲得へ…グリーズマン後釜候補の一人に

コメント()
Getty

フランクフルトのクロアチア代表FWアンテ・レビッチは、アトレティコ・マドリーへの移籍に近づいているようだ。ドイツ『スカイ』が報じた。

レビッチは2018-19シーズン、全公式戦で10ゴール6アシストの活躍を見せ、フランクフルトの躍進に貢献。自身の評価を高めることとなったが、フランクフルトはルカ・ヨヴィッチのレアル・マドリー売却に続き、レビッチでさらなる利益をあげることになるという。

そのレースに勝利したと伝えられるのがアトレティコ・マドリー。移籍金は4000万ユーロ(約49億円)ほどになるとされ、移籍が確実視されているアントワーヌ・グリーズマンの後釜となるようだ。

アトレティコはチェルシーからアルバロ・モラタをレンタル中だったが、買い取りが難しくなった関係で、アタッカー獲得を狙っていた。すでにベンフィカの若きFWジョアン・フェリックスの到着も近づいている中、同じくドリブラーのレビッチも加入することになりそうだ。

▶ラ・リーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる