アッレグリ監督がCLのバルセロナ戦に意気込む「気の抜けない時間が長く続くだろう」

コメント()
Getty Images
セリエAの試合でキエーヴォを2-0で破ったユヴェントスのアッレグリ監督がキエーヴォ戦を振り返りつつも、次のバルセロナとの大一番に向けて照準を合わせている。

8日に行われたセリエA第31節、ユヴェントスvsキエーヴォは2-0でホームのユヴェントスが勝利を収めている。試合後、マッシミリアーノ・アッレグリ監督がイタリアのTV局『メディアセット』で次のように試合を振り返った。

「キエーヴォ戦では簡単な内容とはならなかった。ナポリとの2連戦(リーグ戦、コッパ・イタリア準決勝)の後だったから、チームも疲れていたね」

アッレグリ監督は「次はバルセロナと戦うことになる。日曜からはその試合に向けて集中してトレーニングをこなすことにしよう。(リオネル)メッシ、ルイス・スアレス、(アンドレス)イニエスタらを要しており、気が抜けない時間が長く続くことは間違いない。しっかり守り、的確なタイミングで効率の良い攻撃をして、我々の試合運びをしたい」と述べ、11日に控えているバルセロナとのチャンピオンズリーグ準々決勝に向けて気概を示した。

ユヴェントスは11日にホームで、第2戦は19日にアウェーでバルセロナと戦う。

閉じる