アセンシオ、またも強烈ミドル炸裂…自ら認める「ゴラッソだったよね」

コメント()
Getty Images

5日のリーガエスパニョーラ第11節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのラス・パルマス戦を3−0で制した。強烈なミドルシュートでチームの2点目を決めたMFマルコ・アセンシオは、ファインゴールを決められたことに満足感を表している。

アセンシオがゴールを決めたのは、56分のこと。GKラウール・リソアインが両手で弾いたボールがペナルティーエリア手前左に流れると、そこに詰めたて左足を一閃。ボールは一瞬間で枠に突き刺さり、ベルナベウに爆発するような歓喜を生み出した。

今季に入り、ミドルレンジからゴールを決め続けているアセンシオ。今回のゴールを次のように振り返っている。

広告

「もう一度良いゴールを生み出せた。僕の役割はルーズボールからシュートを打つことで、きっちり枠に収めることができた。ゴラッソ(ファインゴール)だったよね」

FWクリスティアーノ・ロナウド、FWカリム・ベンゼマのゴール欠乏症が騒がれるレアル・マドリーだが、アセンシオは誰がゴールを決めるかは重要でないと説く。

「僕たちはチームであり、誰がゴールを決め、誰がアシストを記録したかを振り返る必要はない。このチームは全員が同じ方向を向いているんだよ」

次の記事:
開催国UAEがキルギスとの延長に及ぶ死闘制す!準々決勝では前回王者オーストラリアと激突/アジア杯
次の記事:
日本対サウジの一戦を『FOXスポーツ』が採点…最高点は吉田&冨安のCBコンビ!
次の記事:
バルセロナ、ケヴィン=プリンス・ボアテングのレンタルでの獲得を発表…スペインでは賛否両論
次の記事:
無念の途中離脱。青山敏弘が森保監督と交わした最後の会話「本当はこのピッチが決勝戦だったら…」
次の記事:
前回王者の豪州、ウズベクとのPKに及ぶ死闘を制して8強入り!準々決勝は開催国UAEかキルギスと激突
閉じる