アザール「ジダンの下でプレーすることは夢」...レアル移籍のうわさが一気に過熱

コメント()
Getty Images
ベルギー代表FWは少年時代からフランス人指揮官がアイドル的な存在だったと語った。

チェルシーのエデン・アザールは、ジネディーヌ・ジダン監督の下でプレーのが“夢”であると明かしている。

レアル・マドリーはスタンフォード・ブリッジで活躍を続けるアザールの動向を数年前から追っており、獲得候補としてリストアップしていると報じられていた。一方のチェルシーは、ベルギー代表FWと2020年までの契約を結ぶなど、同選手の放出に難色を示し続けている。

しかし、ジダン監督を少年時代からのアイドルと認めたアザールの発言で、スペイン移籍のうわさは一気に過熱しそうだ。

ベルギーメディア『RTL』にアザールは、将来何が起きるかわからないとしながらも「誰もが知っているように、僕は選手として、監督としてのジダンを尊敬している。それに彼は僕のアイドルだった。だからジダンの下でプレーすることは夢と言えるだろう」とフランス人指揮官のチームでプレーすることを望んでいると明かした。

続けて「でも、僕はチェルシーでの生活を楽しんでいる。彼らと成し遂げるべきことはまだまだたくさんあるし、チェルシーでプレーすることだけを考えている」と現状ではロンドンから離れることを考えていないと話している。

また、2014-15シーズンにチェルシーでプレミアリーグタイトルを獲得するも、翌年に途中解任され、現在マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がアザールの獲得に興味を持っているとも報じられている。ポルトガル人指揮官との再タッグについてベルギー代表FWは「もちろん、将来的に彼ともう一度働くチャンスがあれば、それは喜ぶべきことだろう」とコメントを残した。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる