アグエロ、代表通算得点記録歴代3位に浮上も...ハーフタイムに倒れて病院に搬送

最終更新
コメント()
Getty Images
ナイジェリア戦でゴールを決めたストライカーだが、ハーフタイムに意識を失い、病院に救急搬送された。

アルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロがナイジェリア戦のハーフタイムに倒れ、病院に運ばれたことが分かった。

14日に行われた国際親善試合のアルゼンチン対ナイジェリアの一戦にアグエロは先発で出場。同選手は1-0で迎えた36分、アルゼンチン代表通算得点記録歴代単独3位となるゴールを決め、アルゼンチンが2-1とリードして前半を終えた。

しかし、ハーフタイム中、アグエロにハプニングが発生。マンチェスター・シティFWは原因は定かではないが、ドレッシングルームで意識を失って倒れ、そのまま病院に搬送された。アルゼンチン・サッカー協会はツイッターで「アグエロは倒れ、病院で検査を受けた」と声明を発表。また、『TyCスポーツ』はアグエロが意識を戻したとも報じている。

アグエロに加え、すでに代表から一足早くに離脱したリオネル・メッシを欠いたアルゼンチンは、後半にナイジェリアに3ゴールを許し、2-4で逆転負けを喫している。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
日本代表成長のために森保監督が求めること「ピッチ内外で考えながら…」
次の記事:
アジア杯では追われる立場の日本代表…森保監督「これまで以上のことを」
次の記事:
浅野拓磨が代表復帰…森保監督「相手のDFを突破するスピードが必要」
次の記事:
森保ジャパン、アジア杯メンバー選考の意図は?森保監督「新しい日本代表を築くという気持ちを持って欲しい」
次の記事:
日本代表・森保一監督、アジアカップへ強い意気込み「優勝のタイトルを持ち帰る」
閉じる