ニュース ライブスコア
ブンデスリーガ

「ひどかった」マインツ武藤嘉紀、レヴァークーゼン戦の出来を猛省

7:43 JST 2018/01/29
2018-01-14 Muto Mainz
3試合連続得点を逃した武藤がチームのパフォーマンスがひどかったと振り返る。

マインツのFW武藤嘉紀はレヴァークーゼンに敗れ、チームと自身のパフォーマンスについて猛省している。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。

マインツは28日、ブンデスリーガ第20節でレヴァークーゼンと対戦。武藤には3試合連続ゴールの期待がかかったが、得点を奪えず、チームも0-2と敗れた。

武藤は「ひどかったなと…。チームで自分たちの良さが出せず、あまり良くなかったなという感じですね」と話しつつ、チームとしての姿勢も良くなかったと振り返る。

「下がり過ぎて。前から行って連動するのが良いところなのに、戦術的に全部下がってしまって、サイドも空いて、簡単につながれて、ひたすら無駄走りになるっていう。それでみんな、前半からイライラしていて(後半の)立ち上がりに失点して、という最悪なパターンになってしまった」

ゴールを決めたレオン・ベイリーを警戒するあまり、引きすぎて「フラストレーションが溜まる試合だった」と振り返る武藤。敗れたマインツは15位で、降格圏と近づいている。

▶ブンデスリーガを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。