なぜ招待国?1年に2回?あらためて知る「コパ・アメリカ」。その歴史の中には南米らしいカオスも

コメント()
©Getty Images

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

柴崎岳とコパ・アメリカ出場国の代表選手

日本時間15日朝に開幕するコパ・アメリカ2019ブラジル大会。日本が1999年以来20年ぶりに招待国として参加することでも話題になっているが、果たしてこの大会はどういった歴史があり、南米各国にとってどのような価値を持つのか。【文=下薗昌記】

■100年以上の歴史の中での紆余曲折

 世界最古の大陸選手権、コパ・アメリカ。すでに100年以上の歴史を持つ由緒ある大会だが、南米らしい「カオス」もこの大会のもう一つの顔であり続けた。

「アメリカ大陸カップ」を意味するコパ・アメリカは、1916年の第1回大会当初、「南米選手権」の名称で知られていた。

 南米サッカー連盟が設立された1916年に第1回のアルゼンチン大会が開催。当時はアルゼンチン、ウルグアイ、ブラジル、チリの4カ国のみで争われ、ウルグアイが初代王者に輝いている。

 当時は基本的に、ほぼ毎年のように開催されていたものの、ヨーロッパ選手権のように4年に一度のフォーマットでは行われてこなかった。

 1959年を振り返ると3月から4月にかけて、アルゼンチン大会が開かれたにもかかわらず、同年12月には再び、エクアドルで大会を実施。後にも先にも、1年に2回の南米選手権が開かれたことはこの年以外に例がないが、ブラジルはシーズン2回目のコパ・アメリカには主力どころか、サッカーどころには程遠いペルナンブーコ州選抜を送り込んだほどだった。

 1975年からコパ・アメリカに大会の名称を変更。1975年大会から3大会は、ホーム&アウェイ方式で実施されていたが、1987年のアルゼンチン大会以降は、開催地は1カ国のみ。基本的には4年に一度のサイクルで南米王者を決してきた。

 ワールドカップの中間年に開催されるヨーロッパ選手権が常に、ヨーロッパ最高の権威を誇ってきたのとは対照的に、コパアメリカは必ずしも南米各国が垂涎する大会ではなかったのも事実である。

「ウルグアイやアルゼンチンに比べると、この大会へのブラジルの熱は少し落ちる」と公言するのはブラジル人記者のロドリゴ・ブエノ氏。最多優勝のウルグアイが15回、2位のアルゼンチンが14回カップを掲げてきた一方で、サッカー王国ブラジルはわずかに8度のみ。ペレとジーコはそれぞれ1回しか、この大会のピッチに立っておらず、いずれも優勝には手が届いていないのだ。

■変化した価値。スター選手が挑む南米各国の本気

2019_6_10_Copa

 南米最強のナショナルチームを決めるはずのコパ・アメリカ。

 だが、招待国枠の制度があるのも、この大会ならではの特色である。コパ・アメリカとその名を変えた1975年大会からは南米の10カ国が参加。しかし1993年のエクアドル大会では史上初めて招待国枠が設けられ、メキシコとアメリカが出場。そして1999年のパラグアイ大会ではアメリカ大陸の枠組みを超え、初めてアジアから日本がこの大会を戦ったのだ。

 日本とカタールが招かれた今大会も、当初、同じラテン系の国であるポルトガルやスペイン、イタリアなどを招待する計画があるとブラジルメディアが報道。そんな南米ならではの「緩さ」も併せ持つものの、近年、参加する南米各国の力の入れ方は本物だ。

 ブラジルが最後に頂点に立った2007年大会ではカカとロナウジーニョが大会を辞退。王国は、必ずしも最強のメンバーで臨んでいなかった。しかし、2011年大会以降はほぼベストメンバーで挑んでいる。

 南米大陸を飛び出し、初めてアメリカで行われた2016年の「コパアメリカ・センテナーリオ(百周年)」は文字通り、南米サッカー連盟の設立百周年を記念して、北中米カリブ海サッカー連盟との共催で行われたイレギュラーな大会だった。これは、1試合あたりの平均観客数が46,730人と大盛況。ブラジルが29年ぶりにグループステージで敗れるという大波乱があったものの、各国のスターにアメリカは熱狂した。

 3年ぶりに南米各国がしのぎを削る今回のブラジル大会。奇数年の開催は今回がラストとなる。ヨーロッパ選手権同様、ワールドカップの中間年に今後は行われることが決定しており、2020年にアルゼンチンとコロンビアの共催で行われる大会以降は、4年のサイクルで実施されることになる。

 30年ぶりに王国に帰ってきたコパアメリカ。冬真っ盛りのブラジルで熱く、激しい戦いがいよいよ、始まる。

文=下薗昌記

【コパ・アメリカ日程(日本時間)】※全試合DAZN独占配信

■ブラジル代表開幕戦
グループA第1節:6月15日(土)9:30~ vsボリビア
■日本代表日程
グループC第1節:6月18日(火)8:00~ vsチリ
グループC第2節:6月21日(金)8:00~ vsウルグアイ
グループC第3節:6月25日(火)8:00~ vsエクアドル

▶6/25(火)までの加入で2ヶ月間無料トライアル実施中!コパ・アメリカ観るならDAZNで。

柴崎岳とコパ・アメリカ出場国の代表選手

【関連記事】
DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ  ┃ 料金体系→こちらへ  ※
【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説  ※
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News 』の提供記事です

Goal-live-scores

閉じる