ついにヴェンゲル体制終了か…英紙が伝えたアーセナルの後任候補7人とは?

コメント()
Getty Images
アーセナルのクラブ幹部は、現体制の状況を注視しているという。

アーセナルは、ついに指揮官交代を考えているのかもしれない。英『テレグラフ』が、アーセン・ヴェンゲル監督の後任候補7人の名前を挙げている。

1996年にアーセナル指揮官に就任してから、今年で22年目を迎えたヴェンゲル監督。2003-04シーズンにはプレミアリーグ史上初めて無敗優勝を達成するなど、数々の栄光を手にしてきた。

しかし、昨季就任19シーズン目にして初めてリーグ戦トップ4フィニッシュを逃すと、今季もここまで6位に甘んじている。先日行われたカラバオ・カップ決勝でも、マンチェスター・シティ相手に0-3と完敗。来季いっぱいまで契約を残すフランス人指揮官だが、「限界説」が囁かれるなど風当たりは強まっている。

この状況に、クラブ側もヴェンゲル監督の去就について検討し始めているようだ。『テレグラフ』によると、上層部は現在の状況を注視しており、今季もチャンピオンズリーグ出場権を逃した場合、契約期間中でも指揮官を解任する可能性があるという。あらゆる選択肢を考慮に入れているようだ。

筆頭株主であるスタン・クロエンケ氏はヴェンゲル監督を支持している。しかし、カギを握ると言われる息子のジョシュ・クロエンケ氏は現体制に批判的であると言われており、シーズン終了後に決断を下すと伝えられている。上層部は、昨シーズンに68歳の去就がなかなか決定しなかったことがピッチ上でのパフォーマンスに影響したと考えており、早期に決断を下すことになるようだ。

解任に踏み切る場合に備え、クラブは7人の後任候補をリストアップしたようだ。中には2シーズン前にアーセナルで現役生活を終え、現在マンチェスター・Cでジョゼップ・グアルディオラ監督のアシスタントを務めるミケル・アルテタ氏や、クラブのレジェンドであり現在ベルギー代表のコーチを務めるティエリ・アンリ氏などの名前もあるという。

現代サッカー界では異例とも言える長期政権は、ついに終わりの時が迫っているのかもしれない。

以下、『テレグラフ』が伝えたヴェンゲル監督の後任候補7人。

ティエリ・アンリ(ベルギー代表アシスタントコーチ)
パウロ・フォンセカ(シャフタール・ドネツク指揮官)
ヨアヒム・レーヴ(ドイツ代表指揮官)
カルロ・アンチェロッティ(フリー)
ブレンダン・ロジャース(セルティック指揮官)
レオナルド・ジャルディム(モナコ指揮官)
ミケル・アルテタ(マンチェスター・Cアシスタントコーチ)

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

閉じる