いよいよ今夜のロシアW杯組み合わせ抽選会…日本にとって最悪の組み合わせは?

コメント()
(C)Getty Images
ロシアW杯組み合わせ抽選会に向け、日本にとって最悪と思われる組み合わせを考察する。

2018FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ組み合わせ抽選会が現地時間12月1日、ロシアの首都モスクワにあるコンサートホール、クレムリンパレスで行われる。

グループリーグの抽選では、各グループの実力を均衡させるため、出場32カ国を8チームずつ、4つのポットに分ける措置が取られる。このポット分けは、10月に発表されたFIFAランキングを参考とし、原則上位から8チームずつ、4つのグループに分けられる。なお、FIFAランキング8位までの国は全て出場権を獲得しているが、ポット1には開催国のロシアが入るため、10月時点で8位のスペインはポット2に入る。

抽選はポットごとに行われ、A~Hのグループには、ポット1~4から各1チームずつが振り分けられる。44位の日本はポット4。アジアでは唯一、34位のイランが、ポット3に入っている。ただし、ヨーロッパを除き、同一地域の国は同じグループには入らない(ヨーロッパも2まで)というレギュレーションがあるため、日本がイランと同じグループになることはない。

この条件の下、日本にとって最悪と思われる組み合わせを考える。

・ポット1:ブラジル

強豪国が名を連ねるポット1の中でも、最強と目されているのが、FIFAランキング2位のブラジルだ。日本はW杯で南米のチームに勝ったことはなく、さらにブラジルとの通算成績は2分け10敗。また、ブラジル代表のエース、ネイマールは日本戦4試合に出場して8得点を記録する“日本キラー”だ。勝点1を獲得するのも難しく、さらに大量失点を喫する確率も高い、日本にとって最悪の対戦国である。

・ポット2:スペイン

ポット1に南米が振り分けられたため、ポット2は北中米カリブのメキシコか、ヨーロッパのスペイン、スイス、イングランド、クロアチアのいずれかとなる。この中で最も厄介な国は、スペインで間違いない。ポット分けされた10月の時点ではFIFAランキング8位だったが、11月発表の同ランクでは6位。同ランク1位のドイツも、南アフリカ大会の王者とは対戦を避けたいはずだ。日本の対戦成績は1戦1敗。次は勝てるかもと思うのは、あまりにも楽観的だ。

・ポット3:スウェーデン

ポット3の中で、日本が勝利を収めたことがない国は2つ。スウェーデンとセネガルだ。どちらも難敵だが、今大会がロシアで行われることを考慮すると、より厄介なのはスウェーデンで間違いない。FWズラタン・イブラヒモビッチは代表を引退したが、それも欧州プレーオフでイタリアを退ける勝負強さを発揮。イタリアを60年ぶりの予選敗退に追い込んだスウェーデンを相手に、日本が勝利を収めるイメージを持つことは難しい。

■ロシアW杯グループリーグ組み合わせ抽選のポット分け

・ポット1
ロシア(開催国)
ドイツ
ブラジル
ポルトガル
アルゼンチン
ベルギー
ポーランド
フランス

・ポット2
スペイン
ペルー
スイス
イングランド
コロンビア
メキシコ
ウルグアイ
クロアチア

・ポット3
デンマーク
アイスランド
コスタリカ
スウェーデン
チュニジア
エジプト
セネガル
イラン

・ポット4
セルビア
ナイジェリア
オーストラリア
日本
モロッコ
パナマ
韓国
サウジアラビア

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
主力の離脱が相次ぐトッテナムに大打撃…ハムストリングス負傷でデレ・アリが3月まで欠場
次の記事:
長崎、横浜FMからGK鈴木彩貴の加入を発表「J1昇格に向けて全力を尽くします!」
次の記事:
モウリーニョ、2022年のカタール・ワールドカップについて「素晴らしいイベントになる」
次の記事:
アーセナル、敏腕スカウトの退団が決定…過去には香川真司やオーバ、デンベレらを“発掘“
次の記事:
「もっと良くならなければ…」ソン・フンミンが辛勝でベスト8進出のチームを鼓舞
閉じる