W杯出場32カ国中、23カ国のロシア行きが決定…激闘の南米、北中米カリブ海地区予選が終了

シェア閉じる コメント
10日に各大陸でロシアW杯予選が行われ、23カ国がロシアでの本大会出場を決めている。残る9枚の切符は、果たしてどの代表がつかみ取るのか。

現地時間10日、ロシア・ワールドカップ出場を懸けた一戦が各地で行われ、32カ国中23カ国の出場が決定した。すでにロシアW杯本大会出場を決めている23チームは以下のとおり。

■ホスト国(1カ国)
ロシア

■南米予選(4カ国)
ブラジル(1位)
ウルグアイ(2位)
アルゼンチン(3位)
コロンビア(4位)

■アジア予選(4カ国)
イラン(A組1位)
日本(B組1位)
韓国(A組2位)
サウジアラビア(B組2位)

■ヨーロッパ予選(9カ国※ホスト国ロシアは含まず)
フランス(A組1位)
ポルトガル(B組1位)
ドイツ(C組1位)
セルビア(D組1位)
ポーランド(E組1位)
イングランド(F組1位)
スペイン(G組1位)
ベルギー(H組1位)
アイスランド(I組1位)

■アフリカ予選(2カ国)
ナイジェリア(B組1位)
エジプト(E組1位)

■北中米カリブ海予選(3カ国)
メキシコ(1位)
コスタリカ(2位)
パナマ(3位)

残る9つの出場枠は、ヨーロッパでのプレーオフ4カ国、アフリカ予選3カ国、大陸間プレーオフで2カ国が決定する。

アジア5位のオーストラリアは北中米カリブ海地区の4位、ホンジュラスとの大陸間プレーオフへ。南米5位のペルーはオセアニア地区代表ニュージーランドとの大陸間プレーオフで、本大会出場を懸けて戦うことになる。

■欧州予選プレーオフ(4カ国)※4チームがプレーオフでのシード国
スイス※
イタリア※
クロアチア※
デンマーク※
北アイルランド
スウェーデン
アイルランド
ギリシャ

■アフリカ予選(3カ国)
A組:チュニジアorコンゴ民主共和国
C組:モロッコorコートジボワール
D組:セネガルorブルキナファソorカーボベルデor南アフリカ

■大陸間プレーオフ(2カ国)
オーストラリア(アジア5位)vsホンジュラス(北中米カリブ海4位)
ペルー(南米5位)vsニュージーランド(オセアニア代表)

次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
次の記事:
17年在籍のアーセナルを退団したウィルシャー、ウェスト・ハム移籍の理由とは?
次の記事:
トルコメディア、長友の2022年W杯挑戦を報道…被災した地元愛媛へのエールにも関心
次の記事:
香川真司vsマリオ・ゲッツェ…「ドルトムントで最も熾烈なポジション争い」が勃発か
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する