磐田GKカミンスキー、W杯同組となった母国ポーランドと日本のどちらを応援する?「もちろん…」

シェア閉じる コメント
ジュビロ磐田に所属するGKカミンスキーが、母国ポーランドと日本がロシアW杯で同組になったことについて言及した。

ジュビロ磐田の守護神、カミンスキーが、母国であるポーランドがロシア・ワールドカップで日本代表と同組に入ったことについて言及した。

現地時間1日にロシアW杯のグループリーグ組み合わせ抽選会が行われ、日本は、ポーランド、コロンビア、セネガルと同じグループHに入った。

ポーランド出身のカミンスキーはこの組み合わせについて「非常に面白い組み合わせになったと思います。もちろん、日本とポーランドが戦うときは、日本でプレーしているといっても、自分はポーランド人なので、もちろんその時はポーランドを応援させてもらいます」と語った。

さらに「そのグループの中から2チームが次のステージに行けるわけですから、日本とポーランドが揃ってベスト16に入ってほしい」という希望を明かす。

日本とポーランドの相性については「まだ数カ月あるので、今はっきりと予測を言うのは難しい」としながらも、「ポーランドは今非常に調子が良いし、フィジカル的にすごく強い。逆に日本は、テクニックにすごいものがあるので、そういうところを出せば日本も十分やれるかなと思う」と展望を語った。

U-21ポーランド代表でプレーした経験を持ち、現在は日本でプレーするカミンスキーは、母国と同じくらい、日本代表に入る選手も注目しているようだ。

「一緒にやった選手が何人かいますけど、ポーランドの選手にばかり注目しているというわけじゃなくて、今は日本でやっているわけですから日本の代表に入る選手も、ポーランドの代表に入る選手と同じくらい注目して見ています」

カミンスキーは、2日に行われた鹿島アントラーズとの今季最終戦で好守を見せ、クリーンシートを達成。このポーランド出身GKの活躍もあって、磐田は今季リーグ最少失点でシーズンを終えている。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
名将トラパットーニ氏、C・ロナウドのセリエA加入を歓迎「ウィリアム・テルのように」
次の記事:
ローマSD、アリソン放出の正当性を主張「野望の欠如ではない」
次の記事:
17年在籍のアーセナルを退団したウィルシャー、ウェスト・ハム移籍の理由とは?
次の記事:
トルコメディア、長友の2022年W杯挑戦を報道…被災した地元愛媛へのエールにも関心
次の記事:
香川真司vsマリオ・ゲッツェ…「ドルトムントで最も熾烈なポジション争い」が勃発か
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する