柴崎岳、乾貴士...リーガ1部でEU圏外枠を占める39選手のうち2選手は日本人選手

シェア閉じる コメント
最多はブラジル、次いでコロンビア

一昔前まで、リーガエスパニョーラ1部(ラ・リーガ)で日本人選手が活躍するなど、想像もできなかったことだ。だがエイバルMF乾貴士、ヘタフェMF柴崎岳はそれぞれのクラブでレギュラーの座を勝ち取っている。

ラ・リーガでは、各チーム3選手までEU圏外枠選手の所属を可能としている。現在、ラ・リーガで活躍する国外選手は202選手。そのうち163選手が二重国籍を有している。

広告

そのため、実質EU圏外枠としてカウントされているのは39選手だ。そこには乾や柴崎をはじめ、FWカルロス・バッカ(ビジャレアル)、MFニコ・ガイタン(アルゼンチン)、MFアレクサンデル・シマノフスキ(レガネス)らが含まれる。

国別で見ると、次の通り。日本(2)、アルゼンチン(5)、エクアドル(1)、オーストラリア(1)、チリ(3)、ベネズエラ(2)、パラグアイ(2)、ウルグアイ(4)、コロンビア(6)、コスタリカ(3)、メキシコ(1)、ブラジル(8)である。

なおポジション別ではGKが2選手、DFが7選手、MFが20選手、FWが10選手となっている。

次の記事:
宿敵モウリーニョとの対決をコンテは意識せず…試合後の握手については明言を避ける
次の記事:
セルタ戦の乾貴士、スペインメディアは決定力不足を指摘「理解しかねる枠外シュート」
次の記事:
古巣との試合を控えるモウリーニョ「チェルシー戦の意味は年々薄れている」
次の記事:
クロップ「みんなが見ていて楽しい試合」快勝で暫定2位浮上に喜び
次の記事:
【本日最終日】DAZN2ヶ月無料キャンペーン!Jリーグ開幕週限定│2月25日終了
閉じる