名古屋DF新井一耀が全治6~8カ月の重傷…横浜FMから期限付き移籍で加入

シェア閉じる コメント
名古屋グランパスのDF新井一耀が左膝前十時靭帯損傷・内側側副靭帯部分損傷・内側半月損傷と診断された。

名古屋グランパスは12日、DF新井一耀が9日に行われた明治安田生命J2リーグ第32節・大分トリニータ戦で負傷したと発表した。

新井は大分戦の58分、負傷により交代。その後、MRI検査を行い、左膝前十時靭帯損傷・内側側副靭帯部分損傷・内側半月損傷と診断された。全治までは6~8カ月を要する見込みとのこと。

新井は千葉県出身の23歳で、8月に横浜F・マリノスから期限付き移籍で加入。新井は加入後、フル出場を続けていた。

次の記事:
FC東京の室屋成が入籍を発表!「より一層責任感を持ち、妻を支える」
次の記事:
高架橋崩落事故で2試合延期もユヴェントス戦は通常開催…伊メディアからは疑問の声
次の記事:
31歳ケディラ、今後もドイツ代表でのプレーを表明「代表は選手にとって名誉」
次の記事:
乾貴士、新たな冒険へ。「負けても万歳」と歌うベティスという“家族”の中心に【サムライたちの現在地】
次の記事:
川崎F、大型MFカイオ・セザールを完全移籍で獲得「足下の技術や展開力、懐の深さが特徴」
閉じる