ローマ幹部のトッティ氏、歯がゆい思いを告白「たまにピッチに入ってプレーしたくなる」

シェア閉じる コメント
ローマのフランチェスコ・トッティは、ピッチへの名残惜しさを口にしたほか、進退迷うジャンルイジ・ブッフォンにエールを送った。

ローマのレジェンド、フランチェスコ・トッティ氏が25日、セリエA第26節ローマ対ミラン戦(0-2)の試合前にイタリアメディア『プレミアムスポーツ』のインタビューに応じ、心境を明かした。

トッティ氏は昨シーズン限りで現役生活を終え、今シーズンからローマの幹部としてクラブを支えている。ローマでの新たな役割について、「楽しんでいるよ」と明かすトッティだが、“もし昨シーズンが別の形で終わっていたとしたら、プレーを続けていたのではないか”との指摘に、「“もし…”や“だけど…”なんて言ったら、キリがない。たまにスタンドにいながら、ピッチに入ってプレーしたくなる事がある。まだ(引退が)最近なので、自然な事だと思うよ」と述べ、時にはスタンドから歯がゆい思いで戦況を見守っていることを告白した。

続いて、来シーズンの去就が注目されている40歳のGKジャンルイジ・ブッフォンにも言及。当初、ユヴェントスの守護神は、今シーズン終了後の引退を示唆していたが、現役続行かで迷いを感じている。トッティは改めて、同世代のブッフォンにアドバイスを送った。

「“引退するなら自分で納得したときにするように”とのブッフォンへのアドバイス? 考えていたことを言っただけだ。誰でも自由な意見を持ったり、言ったりして良いわけだからね。特に自分の事を指して言ったわけではないんだ。ただ引退するときは、自分が何をしようとしているのか自覚するべきだと、僕は考えている」

▶セリエA観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

次の記事:
マドリードの“覇者”を決める戦い。UEFAスーパーカップ、新生レアルと雪辱に燃えるアトレティコ
次の記事:
S・ラモスが批判続けるクロップを口撃「最優秀監督で投票すればおとなしくなるかな」
次の記事:
徳島MF大本祐槻「J1に挑戦したい」気持ちで決断…V・ファーレン長崎へ完全移籍
次の記事:
W杯後の引退検討していた本田圭佑…考え変えたのはメルボルン指揮官「触発されている」
次の記事:
「可能ならば死ぬまでプレーしたいが…」マンジュキッチがクロアチア代表を引退
閉じる