トッティ氏、バルサに大逆転のローマに感激「敗者と決めつけられていた。鳥肌立った」

シェア閉じる コメント
ローマ幹部のフランチェスコ・トッティ氏は、イタリアのTV番組でCLでの奇跡に言及した。

ローマで幹部を務めるフランチェスコ・トッティ氏が14日、イタリアメディア『メディアセット』のテレビ番組『アミーチ』に出演し、チャンピオンズリーグ(CL)でのローマの快進撃について語った。

ローマは10日、CL準々決勝セカンドレグで、ホームにバルセロナを迎えた。ファーストレグを1-4で落とし、逆転突破には最低でも3ゴールが必要な状況だったが、6分のFWエディン・ジェコの先制点を皮切りに、3-0で完勝。2試合合計スコアは4-4となったが、アウェーゴール差により、1983-84シーズン以来34年ぶりのベスト4進出を決めた。

スタンドから友人であるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督や後輩の活躍を見守ったトッティ氏は、奇跡の大逆転を振り返った。

「セカンドレグは、ほぼ無駄な試合と見られていたし、誰もが僕らを“敗者”だと決めつけていた。抽選の後、スペインでは“ボンボン(チョコレート)”だと言われていた。ファーストレグは90%、想像していた通りになった。3-0の試合を見直してみると、鳥肌が立つよ。選手たちの手柄だ。忘れられない試合になった」

準決勝に駒を進めたローマは、リヴァプールとの2連戦(4月24日、5月2日)に挑む。34年前の1984年、ローマはCL決勝でPK戦の末、リヴァプールに敗れており、リベンジのチャンスになる。

「だからサッカーは素晴らしい。1984年に決勝で敗れてしまったが、再びチャンスを与えてくれた。僕は当時7歳で、自宅のソファーで観戦したよ」

次の記事:
槙野智章が明かす原口元気への恩返し「スタンドとピッチという境界はありましたが…」
次の記事:
磐田・名波監督、怒涛の追い上げを見せた鹿島の強さに脱帽「我々も目標にしなければ」
次の記事:
磐田に昨季の雪辱果たせぬも…鹿島MF三竿「いいめぐり合わせ、ここから再出発」
次の記事:
W杯戦士・槙野&遠藤コンビで3発!浦和がCKから全得点奪い快勝…名古屋は絶望の14戦未勝利/J1第16節
次の記事:
パトリックら前線が大暴れ!首位広島がG大阪に4発圧勝で勝ち点40到達/J1第16節
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する