ダニエウ・アウベスに一体何が起こったのか?パリ・サンジェルマン電撃加入までの裏側

シェア閉じる コメント
誰もがダニエウ・アウベスはマンチェスター・シティへ移籍するものだと思っていた。しかし彼が最終的に選んだチームはパリ・サンジェルマン。マンチェスター・シティへの移籍がほぼ確実だったのにも関わらず、なぜほんの数日で彼の心は変わったのか。その事実を時系列で追っていこう。

7月7日、ペップ・グアルディオラはダニエウ・アウベスとバルセロナで昼食をともにし、マンチェスター・シティの未来について話しをしていた。もちろんこの時は、マンチェスター・シティの選手やコーチすべての人間がアウベスは翌週アメリカで行われるプレシーズンマッチに参加するため一緒に渡米すると思っていた。しかし予期せぬ事態が起こったのは11日の夕方前だ。この時なんとアウベスは、パリ・サンジェルマンのメディカルチェックを受けていたのだ。一体何が起こったのか? 次には何が起こるのか? シティ陣営はまさに今、その事態に頭を悩ましているところである。

アウベスは自身の行く先について自由に決められる状況の中、かつてのボスであるグアルディオラの下で再びプレーすることを望み、それをユヴェントスも理解して、彼との契約を解消するという極めて寛容な対応をとっていた。マンチェスター・シティと34歳のアウベスはすでに契約に合意しており、そしてユヴェントスも彼の放出を決め、彼がマンチェスター・シティの今夏3人目の獲得選手となる準備は完全に整っていた。

あえて言うなれば、アウベスとの交渉は他の選手たちに比べ少々手間取っていた。彼はブラジルでオフを過ごしており、ユヴェントスが彼の退団をまとめるのに少し時間を要していたのだ。しかしマンチェスター・シティのほとんどの人間は誰も契約書にサインしてもらうことを急いでいなかった。中には6月末には練習場に姿を現してくれることを期待していた者もいたようだが、リオネル・メッシの結婚式などもあってそれは現実的ではなかった。

Dani Alves quote

では、先日7日にグアルディオラはわざわざバルセロナでアウベスと面会し、何を話していたのか。2人はアーセナルのアレクス・サンチェスとの交渉の進捗など、この夏のマンチェスター・シティの補強戦略について議論を交わしていたようだ。アウベスがパリSGとサインしようとしていることについてそれとなく話をしたかどうかは定かではないが、少なくともその数日後に報道が出るまではマンチェスター・シティに関係する誰もが、まさかそんな話題が出てくるとは夢にも思っていなかったことだろう。

ただおそらくではあるが、この日アウベスは翌8日の土曜日に、イビサ島で結婚式を挙げる事については話をしており、そのため自身がマンチェスターへと向かうことができるのはその翌週になることは話しているはずだ。そんなことを伝えられ、誰が彼自身の結婚式を禁止することができるだろうか? シティ陣営が早く契約を取り交わさなかったということを責めるのは難しい。

だが、結果的に両者の契約は無かったことになった。アウベスは結婚式の数日後にパリSGへの移籍を最終決定しているが、その結論を自身の結婚式の日に下したのであれば、シティには同情の声さえあげたくなる。

Dani Alves quote

おそらくパリSGは、アウベスに対しマンチェスター・シティが提示していた額よりも多い500万ユーロ(約6億5,000万円)以上の年俸を提示したのであろう。そして彼自身も妻とのパリでの生活を好み、多くの試合に出られる可能性も魅力的であったはずだ。

しかし2週間以上も前にマンチェスター・シティとの契約に合意し、ユヴェントスとの契約も解消し、オフを南米と南欧で楽しく過ごしていたアウベスのこの決断は間違いなく彼の評判を下げるものである。グアルディオラが激怒することも無理はない。だが、マンチェスター・シティにいつまでもそんなことを考え続ける時間はない。それよりも次の補強戦略を練ることが先決である。

かくして、マンチェスター・シティはDFとして史上最高額でトッテナムのDFカイル・ウォーカーを迎え入れることとなった。市場で人気もあり、優秀な選手であるが、5000万ポンド(約73億円)もの価値があるかはわからない。そしてセンターバック獲得にも影響が出ることは確かだ。マンチェスター・シティは既存選手を売却することで1億ポンドを得て選手獲得に充てられることを期待していたが、それも難しくなってきた。となるともうスポンサーに丁重に追加資金の工面を頼むことくらいしか方法はない。

アウベスがシティに来なかったことは大打撃であり、それはアウベス自身も自分のしでかしたことの大きさを認識しているだろう。ただ、責められるべきはアウベスだけでいいのだろうか。グアルディオラもアウベスの事を十分理解していなかったこともまた事実だ。

選手の移籍はサインを書き終える最後の最後まで気を抜いてはならないのだ。今回の件でマンチェスター・シティはそれを肝に銘じることとなっただろう。ただ素晴らしいアウベスの身のこなしを見せられたシティには少々同情する。

文=サム・リー/Sam Lee

次の記事:
バロンドール受賞経験持つカカー、35歳で引退発表「次の冒険の準備をする」
次の記事:
ドロー続きのリヴァプール、下位に沈むボーンマスに4発完勝!/プレミアリーグ第18節
次の記事:
ルカク連発!マンチェスター・UがWBAに競り勝ち2連勝!/プレミアリーグ第18節
次の記事:
ピャニッチが1G1A!ユヴェントスが3発快勝で、インテルかわして2位浮上/セリエA第17節
次の記事:
来夏にグリエズマン獲得と報じられるバルサ、会長が選手の家族と話し合いか
閉じる