「カンプ・ノウ」の名称変更へ…バルセロナが527億円でネーミングライツ売却を検討

シェア閉じる コメント
バルセロナは、世界最大のヘルスケア企業「Grifols」へネーミングライツを売却するようだ。

バルセロナの本拠地「カンプ・ノウ」の名前が、2019年から変わる可能性があるようだ。『デイリー・ミラー』が伝えている。

1957年にオープンしたこのスタジアム。当初の正式名称は「エスタディ・デル・FCバルセロナ」であったが、2000-01シーズンに行われたクラブ会員の投票の結果、「カンプ・ノウ」が正式名称となった。キャパシティは99,354人と、ヨーロッパ最大のサッカー専用スタジアムである。

しかし、この名前は2019年から変更となるようだ。バルセロナは、世界最大のヘルスケア企業「Grifols」へ、3億5000万ポンド(約527億円)でネーミングライツを売却するという。契約期間は30年間になる見込みで、正式に契約がまとまれば、2019年から「カンプ・ノウ・グリフォルス」という名称に変更となる。

クラブはスタジアムの改築工事を予定しており、これにはおよそ5億ポンド(約752億円)の費用がかかる見込み。さらにFWリオネル・メッシとの新契約にも大幅なコストがかかることが予想されるため、資金調達のためにネーミングライツ売却に踏み切るようだ。

次の記事:
今季の主役になるのは?2018・Jリーグで見ておくべき注目選手5選!(GK&DF編)
次の記事:
昨季二冠のC大阪、J1制覇を照準に…清武弘嗣離脱のピンチも、新加入・高木俊幸にかかる期待
次の記事:
クルピ新体制のG大阪とジョー擁する名古屋が激突…攻撃的な両雄による打ち合い必至【プレビュー/J1開幕戦】
次の記事:
今季ブレイクを果たすのは?新時代を彩る若獅子たちをピックアップ【Jリーグ注目若手プレーヤー5選】
次の記事:
リベンジに燃える鹿島…充実の選手層を武器に全タイトル制覇へ【J1戦力分析:鹿島アントラーズ編】
閉じる