UEFA年間ベストゴール候補落選にベイルが不満をあらわに「選考委員を解任したい」

コメント()
Getty Images
CL決勝の舞台でスーパーゴールを決めたレアル・マドリーFWだが落選への苦言を呈した。

レアル・マドリーのギャレス・ベイルは、チャンピオンズリーグ決勝でのオーバーヘッドがUEFA年間ベストゴールの候補から外れたことに驚きを隠せないようだ。

2017-18シーズンのCLファイナルでリヴァプールと対戦したレアル・マドリー。1-1で迎えた61分にピッチに立ったベイルは、その3分後に左サイドからのクロスをオーバーヘッドで合わせて決勝点をマークする。さらに、終盤には強烈なミドルシュートを沈め、3-1の勝利とともに史上初となるCL3連覇に貢献した。

CL決勝史上最高クラスのスーパーゴールとの呼び声もあったベイルのゴールだが、2017-18シーズンのUEFA年間ベストゴールの候補から落選。対照的にCL準々決勝のユヴェントス戦で同じくオーバーヘッドからゴールを奪ったクリスティアーノ・ロナウドのゴールが選出されており、スペイン『マルカ』なども「おかしな決断」と疑問を投げかけた。

そして17日、ベイル本人もこの選考委員の決断についてイギリス『デイリー・メール』で口を開く。「どのようにしてリストからもれたのか僕にはわからない。僕は誰が選考委員を務めたのか知りたい。なぜなら彼らを解任したい」

なお、2017-18シーズンの同賞に輝いたのは、やはりC・ロナウドのオーバーヘッド。2位にヨーロッパリーグ準々決勝でマルセイユのディミトリ・パイェが決めたミドルシュートがランクインし、3位にスペインU17女子代表選手のゴールが選出された。

今夏にユヴェントスに移籍した元チームメイトのC・ロナウドが受賞したことについて、ベイルは「僕は何か言える立場にはない」と言及するにとどめた。

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
リッピ・マジック炸裂!中国が逆転勝利で準々決勝へ…タイは一歩及ばず
次の記事:
マンチェスター・Cが公式戦6連勝! 直近4試合で22ゴール&無失点と絶好調/プレミアリーグ第23節
次の記事:
マルセロ、ソラーリのレアルでアンタッチャブルではなくなる…2試合連続ベンチ要員に
次の記事:
コケ、わずか27歳でアトレティコ400試合出場を達成…「ここであと400試合に出られたら」
次の記事:
森保ジャパン、サウジに勝利なら準々決勝でベトナムと激突! ヨルダンとのPK戦の死闘を制して8強
閉じる