「全部の試合に出られると…」今夏にアーセナル加入のレノが現状への不満を明かす

コメント()
Getty
リーグ戦でチェフの控えに甘んじるレノは時間が経てばチャンスが増えると考えているようだ。

アーセナルのベルント・レノは、プレー時間を掴めないことにフラストレーションを抱えていると話した。

今夏にレヴァークーゼンから2200万ポンド(約26億円)でアーセナルに完全移籍したレノ。移籍当初は正守護神として起用されると考えていた同選手だが、ここまでベテランGKのペトル・チェフがプレミアリーグのピッチに立っている。

先日、ヨーロッパリーグヴォルスクラ戦で、ようやく新天地デビューを飾ったレノは『スタンダード・スポーツ』で現状に不満を募らせていると明かした。「全ての試合にプレーするため、新たなクラブへやって来た。でも、ドイツ国外のビッグクラブに移籍してみて、この環境に慣れるまでに少し時間が必要だと思った。この状況に少しフラストレーションがたまっているけど、落ち着いて、成長するために頑張っている」

「監督は常にパフォーマンスを見て、先発の11人を選んでいる。だから、彼は今後にもっとメンバーを入れ替えると思う。リーグ戦はペトルの大会で、ヨーロッパリーグが僕の大会と彼は言っていない。もっと試合に出場できるようにトレーニングを積んでいる。プレミアリーグがベストだと思ったからここに来た。ブンデスリーガも良かったが、プレミアリーグはもっと良い。だからプレミアリーグでプレーできることを楽しみにしている」

また、レノはGKもボールを持つことを要求するウナイ・エメリ監督のスタイルが自身に適したものだと話した。「コーチが求めているのは僕のスタイルだ。(ヴォルスクラ戦では)ボールを持って上手くプレーできたと思う。もちろん2失点にはがっかりしているけれど、彼らの得点は素晴らしかった。僕にはもう少し時間が必要だろうね」

「僕たちは前にロングボールを放るようなことを望んでいないから、少しばかりリスクが生じる。でも、アタッキングエリアでスペースを得るためにこのようにプレーしたいと考えている。前半はチャンスを作れなかったけれど、次第にディフェンスからチャンスを作れるようになってきた。でも、チームには自信が必要だからもう少し時間がかかりそうだ」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる