バイエルンとの頂上決戦に挑むドルトムント、ツォルクSD「どちらが本命かは関係ない」

最終更新
コメント()
ドルトムントのツォルクSDが今週末に控えるバイエルン・ミュンヘンとの大一番について語った。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は、今週末に行われるバイエルン・ミュンヘンとの大一番を前に「どちらが本命かは関係ない」と語った。試合前の会見の様子を『キッカー』が報じている。

ドルトムントは10日にブンデスリーガ第11節でバイエルンと激突する。首位ドルトムントと3位バイエルンの勝点差は4ポイント。順位表では上に立っているものの、ツォルクSDはブンデス6連覇中のチャンピオンに対して一切の油断はないようだ。

「我々が本命かどうかは関係のないことだ。試合前に何を口にしようがしまいがどうでもいいことだよ。誰が本命かなんてね。それで何かなるわけでもないんだから」

また試合のポイントについて尋ねられた、ルシアン・ファブレ監督は「クレバーにオフェンスをして、クレバーにディフェンスをすることだ」と返答。先日のチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦で負傷したGKロマン・ビュルキについては、バイエルン戦に間に合う見込みで「良い感じに見えるよ」と答えた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
ファン・ダイク「S・ラモスは世界最高のCBじゃない。彼のようなやり方は避けていきたい」
次の記事:
バルダーノ氏、S・ラモスの強心臓を称賛「彼は絶滅危惧種。まるで自分がフットボールを発明したようだ」
次の記事:
デンベレ、バルセロナの練習を欠席した理由はテレビゲームのし過ぎか
次の記事:
ベロン氏、古巣マンチェスター・Uについて…「ファーガソン以降、適切な監督見つけられていない」
次の記事:
大分6年ぶりのJ1昇格!キャプテン馬場「J1でも戦えると思っている」
閉じる