ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

アーセナルの新星MF「話すのは辛いが…僕は12歳で人種差別された」

17:52 JST 2018/12/13
2018_12_13_maitland-Niles

アーセナルのU-21イングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズが、人種差別を受けた経験について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

イングランドでは先日、マンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリングが、チェルシーサポーターから試合中に人種差別的な野次を浴びたことで大きな問題に。チェルシーは、当該サポーター4人に対して試合入場禁止処分を科した。

スター選手に対するビッグマッチでの人種差別的発言事件から、現在イングランドでこの問題がフォーカスされる中、アーセナルの若手有望株も自身の経験を告白。昨シーズンに公式戦32歳に出場した21歳のメイトランド=ナイルズは、プレー中にそのような問題が起こった経験があるかと問われると、「そうだね。僕もある」と口にし、以下のように続けた。

「まだプロじゃないアーセナルでのユース時代、12歳の頃にあった。ドイツのクラブ相手の遠征中だったね。そのことを報告したけど、特に何も起こらなかった。自分自身、強くなって進んでいかないといけないんだと思った」

「ラヒームが受けたようなものと同じ感じだった。スローインで、ボールを取りに行っているときだった。ちょっとした人種差別的な行為を受けたよ。僕は試合中だ。何ができるのだろうか。このようなことを話すことや考えることは心が痛む。このようなことは何とかしなければいけない。選手たちだけでなく、メディアやスタッフも一緒になってね」

「もし多くのクラブや選手たちが一緒になって力を合わせて考えて、このような問題を根絶させるために挑戦していくことができれば、とても良いことだと思う」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ