英解説陣が説くクロアチア逆転のカギ「冷静さを保てば勝利できる」

コメント()
Getty

ロシア・ワールドカップ決勝フランス対クロアチアの試合展開は、識者の目にはどのように映っているのだろうか。

2-1でフランスがリードして折り返したこの試合、英『BBC』の解説陣はクロアチアが優勢試合を進めていたとの見解を示す。

元イングランド代表FWアラン・シアラー氏は「クロアチアがビハインドの影響を受けないことはわかっていた。イヴァン・ペルシッチのシュートは外れはしたが、クロアチアは(ゴールに)値した」と、クロアチアがビハインドを追うようなゲーム運びを見せていなかったと述べた。

その一方で、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏はクロアチアに「勝利のチャンスはある」としながらも、「感情を抑える必要がある」と冷静に戦う必要性を説いている。

また元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマン氏は、VARによるペリシッチのPK判定について、「確実ではないならばPKは与えるべきではない。判定は間違いだが、もう過去のことしなくては」と疑問を呈す。そしてクロアチアについては「この状況を変えられずはず。彼らは自分たちが行っていたことをもう一度行わなくてはならない」と、ファーディナンド氏同様にビハインドに動じずにプレーすべきとの考えを示した。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
ユーヴェ指揮官、C・ロナウドのPK失敗に「実は朝の練習でも失敗だったんだ」
次の記事:
「数日前からイグアイン退団の雰囲気がある」ミラン監督代行がジェノア戦後に認める
次の記事:
昌子源が公式戦2試合連続フル出場…トゥールーズが延長PK戦を制しフランス杯16強進出
次の記事:
カタールからの関心も、中島翔哉の選択肢はあくまで欧州のみ…本人が明言
次の記事:
未だ行方不明のカーディフFW…古巣ナント指揮官ハリルも悲痛「最悪の事態だと思われる」
閉じる