川崎F守田英正「器用貧乏になってはいけない」日本代表の経験を糧に成長誓う

コメント()
(C)J.LEAGUE
日本代表で得た経験を、守田英正は生かしたいと考えているようだ。

9月のコスタリカ代表戦でプロ1年目ながら日本代表デビューした川崎フロンターレMF守田英正。11月20日に行われたキルギス代表戦では初先発でフル出場を果たす。そして24日に行われた「多摩川クラシコ」、明治安田生命J1リーグ第33節・FC東京戦でもフル出場を果たし、2-0の勝利に貢献した。

キルギス戦から中3日、影響はないのか。その質問に守田は「特になかった」と即答。「鹿島なんて」と、AFCチャンピオンズリーグ、天皇杯と連戦を強いられた鹿島アントラーズに比べればと、意に介さない。また、今後日本代表に定着した場合も「クラブに持ち込まないように」と気を引き締めた。それでも日本代表としての経験は「絶対的に生きている。刺激にもなりました」と充実した様子だ。

自身のストロングポイントについては「何でもできた方が良い。(中村)憲剛さんは何でもできるので、そういう存在にはなりたい」としたものの、「器用貧乏になってはいけない」と語り、「僕といったらと、周りから、そういう目で見てもらえるようなレベルの特徴」が必要になると続けた。

その特徴は何か。「いまはまだ、つかめてない」としながらも、次のように述べた。

「まだまだシュートもへたですけど、これからどんどん伸びていくかもしれないですし、そこは自分次第」

日本代表としての経験を糧に、さらなるレベルアップを誓った。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる