ポーランドに敗戦の日本、スペイン紙採点では0~1点と軒並み低評価…高評価は川島永嗣のみ

コメント()
(C)Getty Images

28日のロシア・ワールドカップのグループH第3節、日本はポーランドに0-1で敗れた。スペイン紙『マルカ』の選手採点において、日本の選手は軒並み低評価となった。

ポーランドに0-1で敗れながらも、セネガル対コロンビアが0-1でコロンビアの勝利に終わったために、フェアプレーポイントでセネガルが上回り2位での決勝トーナメント進出を決めた日本。しかし『マルカ』による日本の選手たちのポーランド戦のプレー評価は低かった。

『マルカ』の3点満点の採点において、ポーランドはアダム・ナバウカ監督含めて8人に2点が付いた一方、日本で2点が付けられたのは好セーブを見せたGK川島永嗣のみ。そのほかは1点か0点となっている。日本の選手たちの採点は以下の通り。

監督

西野朗 0点

GK

1 川島永嗣 2点

DF

5 長友佑都 1点

19 酒井宏樹 1点

20 槙野智章 1点

22 吉田麻也 0点

MF

7 柴崎岳 1点

11 宇佐美貴史 1点

→14 乾貴士 1点

16 山口蛍 1点

21 酒井高徳 0点

FW

9 岡崎慎司 1点

→15 大迫勇也 1点

13 武藤嘉紀 1点

→17 長谷部誠 採点なし

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる