英解説陣が見たクロアチア対イングランドの前半は…「モドリッチをうまく封じ込めている」

シェア閉じる コメント

ロシア・ワールドカップ準決勝のクロアチア対イングランドが行われている。

史上初となるW杯決勝進出を狙うクロアチアと、母国開催で優勝した1966年大会以来のファイナルを目指すイングランドが激突。試合は5分という早い時間に、ペナルティアーク手前からキーラン・トリッピアーがゴール右に直接FKを沈め、イングランドが先行した。このFKに、イギリス『BBC』解説者の元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏は「素晴らしい技術。完璧だ」と、トッテナム所属のウイングバックを絶賛した。

前半の半ばにかけてもイングランドは落ち着いて試合を進める。元イングランド代表MFトレヴァー・ブルッキング氏もイングランドの戦いぶりに、「ここまでの22分は今大会でも最高だ。試合を支配しているし、前にも出ていけている。試合はオープンで、1-0のまま終わることはないだろう」とコメントした。

さらに、イングランドは30分にハリー・ケインがゴールエリア左からポスト直撃の決定的なシュートを放って2点目に近づいた。この場面について、キーオン氏は「凄いチャンスだったが…。スバシッチも素晴らしいセーブだったね。でも良いチャンスだったよ」とイングランドの攻勢に興奮している様子を見せた。

前半の終盤にかけてはクロアチアも巻き返してきたが、イングランドの守備は集中を切らさず、リードを保ったままハーフタイムを迎えた。前半の出来について、キーオン氏は「イングランドはそれぞれの選手が自分のすべき仕事を理解している。うまくモドリッチを抑えている。彼はほとんど効果的にボールに触れていない」と解説。クロアチアのキーマンであるルカ・モドリッチをイングランドがうまく封じ込めていることを評価した。

クロアチアが反撃に出るか、イングランドがリードを保つか。後半も見逃せない展開となりそうだ。

なお、勝者は15日の決勝戦でフランス代表と対戦する。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
鎌田大地、数日中に去就が決定か…クラブはキャンプ前に戦力の整理に踏み切る?
次の記事:
リヴァプールでクロアチア代表CBコンビ実現の可能性…ロシアW杯で準優勝に貢献
次の記事:
俳優の青山隼さんが徳島に電撃復帰!選手としてではなく…レジェンドアンバサダーで
次の記事:
J1通算21,000点まであと4発!今回も等々力で生まれるか…記念弾にまつわる仰天データ
次の記事:
横浜FM、セルビア出身DFの完全移籍内定を発表!W杯での日本の戦い、サポーターの清掃に感銘
閉じる

私たちは最高のオンライン環境を提供するため、クッキー(Cookie)を使用しています。当社のウェブサイトを利用することにより、当社のプライバシーポリシーに従ってクッキーの使用に同意するものとします。

もっと見る 同意する