ドイツ代表唯一のサプライズ招集…レーブが明かすFWペーターゼンを選んだ理由とは?

シェア閉じる コメント
ペーターゼンがサプライズ招集となった一方で、ヴァーグナーは選外。その理由は…。

ドイツサッカー連盟(DFB)は15日、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた予備登録メンバー27名を発表。今回の最大のサプライズ招集は、フライブルクのFWニルス・ペーターゼンとなった。

ヨアヒム・レーブ監督は昨年秋以来の試合でバイエルン・ミュンヘンFWサンドロ・ヴァーグナーを起用し、W杯のメンバー入りはもはや既定路線と見られていた。だが、メンバーリストにはセンターFWを本職とするプレーヤーはマリオ・ゴメス(シュトゥットガルト)とペーターゼンのみとなった。

ドイツ五輪代表が銀メダルを獲得したリオデジャネイロ・オリンピックにはOA枠で出場し、6ゴールでFWセルジュ・ニャブリとともに得点王にも輝いたペーターゼン。予備登録メンバーとは言え、29歳にして初めてA代表から声がかかった。

レーブ監督は、20ゴールとサブとしてのリーグ最多得点数の記録を持ち、今シーズンのブンデスリーガでドイツ人最多ゴールを記録したFWの選出を次のように説明した。

「チャンスをあまり多く作り出せないチームで、彼は15ゴールを決めたんだ。彼はいつも良いコンディションのようだし、サブとしてもとても優れている。私の直感では、彼は挑戦が大きくなるにつれて力をより発揮するタイプ。彼にはとても多くを期待している」

今回のメンバーには、最終節まで残留争いが続いたフライブルクのペーターゼン以外にも2部に降格したケルンからDFヨナス・ヘクターが選ばれた。レーブ監督は、バイエルン・ミュンヘンなど各国のビッグクラブの選手たちを順当に選出する一方で、一味違った経歴を持つメンバーも構想に入れているようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
“子供から伝説”となるF・トーレス…シメオネ、アトレティコ最終戦で花を持たせる覚悟
次の記事:
C大阪GKキム・ジンヒョン「強い気持ちで戦ってくれた」…韓国代表での活躍を誓う
次の記事:
C大阪が首位広島を粉砕!FW高木俊幸が采配に応える華麗な2発「流れを変えるのが自分の仕事」
次の記事:
宇佐美貴史が「恐怖すら覚える」と感じるドイツでのプレー…「やばい」と思った瞬間とは?
次の記事:
C大阪MF山口蛍、首位・広島を撃破も「下位相手に取りこぼしが多い」と課題を指摘
閉じる