アトレティコ、ディバラとの接触を否定…シメオネとの日本食レストランでの食事は「偶然」

シェア閉じる コメント

アトレティコ・マドリーが、ユヴェントスFWパウロ・ディバラと接触したことを否定している。

ディバラは先のインターナショナルウィークに、マドリーにある日本食レストラン『カブキ』でアトレティコのディエゴ・シメオネ監督と食事をしていることが報じられた。

ここから報道は一気に過熱し、イタリアメディアではアトレティコとディバラが個人合意に至ったと伝えられるまで発展。アトレティコがディバラの移籍金1億5000万ユーロを、DFステファン・サビッチの譲渡によって引き下げる考えとも伝えられた。

しかしながらスペイン『マルカ』によれば、アトレティコはディバラと接触していることも、獲得に動いていることも否定している。

アトレティコはシメオネ監督とディバラの『カブキ』での食事が「偶然」であることを強調。アトレティコがディバラ獲得に動く理由は、バルセロナ移籍が噂されるFWアントワーヌ・グリエズマンの後釜に据えるためとされるが、同クラブはグリエズマンの残留を既定路線としており、後釜の確保は考えていないことを主張している。

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
FC東京の室屋成が入籍を発表!「より一層責任感を持ち、妻を支える」
次の記事:
高架橋崩落事故で2試合延期もユヴェントス戦は通常開催…伊メディアからは疑問の声
次の記事:
31歳ケディラ、今後もドイツ代表でのプレーを表明「代表は選手にとって名誉」
次の記事:
乾貴士、新たな冒険へ。「負けても万歳」と歌うベティスという“家族”の中心に【サムライたちの現在地】
次の記事:
川崎F、大型MFカイオ・セザールを完全移籍で獲得「足下の技術や展開力、懐の深さが特徴」
閉じる