アトレティコ、ディバラとの接触を否定…シメオネとの日本食レストランでの食事は「偶然」

シェア閉じる コメント

アトレティコ・マドリーが、ユヴェントスFWパウロ・ディバラと接触したことを否定している。

ディバラは先のインターナショナルウィークに、マドリーにある日本食レストラン『カブキ』でアトレティコのディエゴ・シメオネ監督と食事をしていることが報じられた。

ここから報道は一気に過熱し、イタリアメディアではアトレティコとディバラが個人合意に至ったと伝えられるまで発展。アトレティコがディバラの移籍金1億5000万ユーロを、DFステファン・サビッチの譲渡によって引き下げる考えとも伝えられた。

しかしながらスペイン『マルカ』によれば、アトレティコはディバラと接触していることも、獲得に動いていることも否定している。

アトレティコはシメオネ監督とディバラの『カブキ』での食事が「偶然」であることを強調。アトレティコがディバラ獲得に動く理由は、バルセロナ移籍が噂されるFWアントワーヌ・グリエズマンの後釜に据えるためとされるが、同クラブはグリエズマンの残留を既定路線としており、後釜の確保は考えていないことを主張している。

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
マラドーナ「サンパオリは帰国できなくなる」…アイスランド戦の準備不足を批判
次の記事:
W杯3度経験のスウェーデン人指揮官が語る母国とアイスランドの躍進/独占インタビュー
次の記事:
FK弾でコスタリカを沈めたコラロフ、W杯初戦の勝利への貢献を喜ぶ
次の記事:
「2006年を思い出せ」元独代表MFの皮肉なW杯優勝予想に頭突き事件のアノ人が反論
次の記事:
この4年間で代表主将まで上り詰めたケイン、初戦からハットのC・ロナウドに触発
閉じる