ニュース ライブスコア
ラ リーガ

マルセロ、首位バルサと勝ち点16差に「これまでで最も酷い状況」

19:55 JST 2018/01/08
Marcelo Real Madrid
それでも「顔を上げて戦っていかなければならない」

7日のリーガエスパニョーラ第18節、レアル・マドリーは敵地バライドスでのセルタ戦を2−2のドローで終えた。これで首位バルセロナとの勝ち点差は暫定で16まで広がったが、DFマルセロは2007年のレアル・マドリー加入以降「最も酷い状況の一つ」だと語っている。

ブラジル代表DFは、セルタ戦後に次のように発言した。

「悲しみを感じている。首位とこれだけ離れてしまうなんて、これまで経験した中でも最も酷い状況の一つだ。敗戦すれば、それだけ重圧が増えることになり、本当に難しい」

「それでも僕たちは、顔を上げて戦っていく必要がある。勝利をつかむためには、全力を尽くしていかなければならない」

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。