ニュース 試合速報・結果
UEFAヨーロッパリーグ

敗戦もヨーロッパリーグ準々決勝進出のアーセナル、アルテタ監督「タフな相手だった…」

6:05 JST 2021/03/19
Arsenal-MikelArteta-202103040930
【欧州・海外サッカー ニュース】アーセナルのミケル・アルテタ監督がヨーロッパリーグ準々決勝進出を喜んだ。

アーセナルのミケル・アルテタ監督はヨーロッパリーグ(EL)準々決勝進出を喜んだ。『BTスポーツ』が伝えている。

アーセナルは18日、ELラウンド16セカンドレグでオリンピアコスと対戦。試合は51分に先制を許すと、アーセナルはチャンスがありながらも、追いつくことができない。82分には相手に退場者が出たこともあり、アーセナルが優勢に試合を進めるも、0-1のまま終了した。合計スコア3-2で準々決勝進出を決めている。

アルテタ監督は試合後、「タフな相手だったので、突破できて嬉しい」と喜びを語った一方で、試合のパフォーマンスは芳しくなかったことを認めた。

「勝つために十分なチャンスを作ったが、自分たちができるレベルにはほど遠かった。言い訳はできない。フレッシュな選手が揃っていた。試合のスタートはとても良かったが、その後は安定感に欠けていた」

また、プレミアリーグに関しては「もうひとつの勝利が必要。そうすれば、インターナショナルウィーク後に大きなチャンスが生まれる」とし、週末のウェスト・ハム戦勝利を誓った。

▶WOWOWが2020-21のEL決勝トーナメント独占配信!無料トライアルに今すぐ登録