香川真司が挙げる日本代表の課題…先制点という結果には「ホッとした」

2017-3-28-japan-shinji-kagawa
(C)Getty Images
タイ代表戦で貴重な先制点を挙げたMF香川真司が、記者団の取材に応じた。

2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・第7戦が28日に行われ、日本代表はホームでタイ代表と対戦した。試合は日本が4-0でタイを下し、最終予選3連勝を飾った。

先制点を奪った香川真司は試合後、取材に応じて試合を振り返っている。

ゴールシーンについては「うまくかわして決めたのかなと思います。(久保)裕也が右サイドで抜けた時に、入るタイミングをすこしずらして入ったら、岡ちゃん(岡崎慎司)がうまくニアで潰れてくれたので、いい時間帯に取れて、タイミングを含めていいゴールだったのかなと思います」と自画自賛。一方で、2点をリードした後、チーム全体として「気の緩み」が出てしまったことを明かしている。

「2-0になって、気の緩みがチームとして出ちゃったし、ただそれは十分起こり得ることで、それは次の課題だと思いますけど、ああいう時間帯になったときにどうやって守備をして、どうやって攻撃するかという意思統一がチームとしてなかったので。セカンドボールも拾われたり、サイドハーフがサイドバックについていかないといけなかったり、あの時間帯の守備の仕方も含めて、もうちょっとはっきりする必要があったと思います」

「もうちょっとボールポゼッションする時のチームとしての意識ですね。裏一本だけじゃなくて、ではどうやって縦パスを入れて、3枚目、4枚目が絡むのか。そこが少し欠けているというか、アイデアだったり。それはトレーニングしていくしかないし、それを今日は痛感したというか、ホームなら特に、ましてやタイということを考えたら、もっともっと主導権を握らないと行けない中で、それがなかなかできていなかったので。チームとしての狙いが裏というのがあったけど、それだけではダメというのを改めて感じましたし、それはチームとしての課題が残ったと思います」

また、23日に行われたUAE戦、そしてタイ戦と2試合で先発した香川は期するものがあっただけに、ゴールという一つの結果を残したことには安どしているようだ。

「個人的には結果はつねに求められる中で出せていなかったので、この2連戦で必ず残さないといけない、そういう気持ちは常々ありました。攻撃の選手はそういう気持ちがあると思いますけど、そういう意味ではホッとしてるところは正直あります」

「それまでほとんど出ていなかったので、もちろん不安の方がどちらかというと大きかったし、プレッシャーも含めて、この1週間、10日間はすごくいい経験になったと思いますけど、ここで結果を残さないといけないと思いながら常にやっていたので、そういう意味では個人としてもチームとしても大きかったと思います」

■ドルトムントに好調を持ち帰れるか

日本代表での2連戦に先発し、ドイツへ戻ることになった香川。さらなる結果を求めて、再び日本代表に戻ってくることを誓っている。

「クラブでの評価が常に代表につながると思っていますし、それを実現している選手がほとんどだと思うので、そういった意味で僕のクラブでの結果は物足りないし、改めてこの2、3カ月しっかりとクラブで結果を残して6月にまた呼ばれるようにがんばります」

「しっかり準備して。負けられないし試合だし、バイエルン戦もあるし、チャンピオンズリーグもあるし、そういう厳しい戦いを続ければ成長すると思います」

最後には、自身が日本代表を引っ張る強い意識を口にし、「もちろん、そういう気持ちしかないですし、だからこそ自分自身が折れてはいけないと思っていたので、どんな状況であっても弱音を吐いたり、下を向く必要はない。経験のある選手、年齢が上の選手がどんな状況であろうと前を向いて戦っていかないといけないと感じていたので、それをこれからもやり続けたい。ワールドカップを自分たちのものにしていきたい」と力強く語った。

ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる